いつの間にか野生の子猿と友達になっていた父

カテゴリー: ほっこりする話
http://omoshiroi-hanashi.com/hokkori/12206.html

55:おさかなくわえた名無しさん:2009/05/29(金) 10:01:29 ID:WTczAk7J

まつたけの産地は兵庫県の北部。
父親は運送の仕事をしていて、近隣市町村の織布会社に布とか糸を届けてる。

父親が猿の仲間だった事が発覚したのはおよそ10年前。
二人で件の某市にある饅頭屋に出かけた時の事でした。

スポンサードリンク

道中、市境の峠道で急に車を止めた父。
おもむろに車を降りると、林に向かい「ほーう!ほーう!」と叫ぶ。
すると、どこからか「ほーう!」と何者かのレスポンスがありました。

上を見上げると、木の上に数匹の子猿が。
「あれワシの友達やねん」と父笑顔、当時小学生の私はあまりの事に呆然。
猿は見知らぬ私を警戒しつつも木から下りてきて、
父から野菜カステラを貰って食べ、その後もしばらく父から離れませんでした。

父が言うには「何ヶ月か前でここで飯食っとったら寄ってきた」
「試しに猿の物真似したら仲間になれてん」との事。

その後しばらくして、子猿達はその山から姿を消したそうで。
「ええ奴らやってんけどなあ」とぽつり、父は少し寂しそうでした。

一緒にあけびを探したり、毛繕いをしてもらったり。
父と子猿達の忘れ得ぬ思い出を今でも時々聞かされます。

種族を越えた友情を育む父に萌えた、と言う話。
ちなみに人間の友達は2人しか居ないそうです。

みんなの反応

1:面白い名無し:2015/03/10 7:55:00

最後w

2:面白い名無し:2015/03/10 8:14:34

お父さんwww人間の友達作れよw

3:アトランティス:2015/03/23 20:19:22

俺的には友達たくさん作って適当な対応するんじゃなくて2人ぐらいで一人一人大切にする方がいいんじゃないかなって思う。

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)