ドイツの金髪坊やに折り紙の鶴の作り方を教えてあげたらかなり喜ばれた

カテゴリー: ほっこりする話
http://omoshiroi-hanashi.com/hokkori/6867.html

245:おさかなくわえた名無しさん:2013/06/16(日) 00:54:17.21 ID:BD4WdcIS

独逸(※ドイツ)の見本市の中で日本文化(書道とか華道とか茶道とか)を紹介するちっさい展示会があったんだが、
自分はそこで着物着て見学者に展示品の説明をしたり、
暇なときは折り紙を折って通りすがりの子供にあげたりしてた。

あるとき小学1~2年生位の金髪坊やにベーシックな「鶴」をあげたんだが、
1時間位あとにその子が上品そうな御祖母様に手を引かれながら(´;ω;`)な顔で戻ってきた。

スポンサードリンク

手には鶴の原形を留めていない、くしゃくしゃの折り紙が。
なんでも、その子は手先が器用で工作が大好き、
「鶴」も自分で作れるようになりたいから一度開いて作り方を研究wwしようとしたら元に戻らなくなってしまったとか。

孫があんまりにも落ち込んでるので、「鶴」を作るところをみせてやってくれませんか?……と御祖母様にお願いされてしまった。

幸い手が空いていたので、今度は千代紙を取り出し、
半ベソの男の子にも手渡すと(´;ω;`)→(*・∀・*)!!ってなった。

男の子はこっちの手元をガン見しながら一緒に手を動かし、
凄ぇ、言うだけあって初めてなのに一発で「鶴」完成。

男の子がヽ(´∀`*)ノってなってるところにもう一枚千代紙渡してマネさせて、
今度は「飛ぶ鳥」(シッポ引っ張ると羽が動くやつ)を一緒に作ってやると

……(゚Д゚)
!!(◎Д◎*=*◎Д◎)!!
!!!:*・゜(n*´∀`)η゜・*

ってなって、男の子はWiiでもゲットしたのかよってほどに大興奮。
そんな孫の顔見て御祖母様もめっさ笑顔(*´▽`*)、男の子は両手に「初鶴」でキラキラした笑顔を残して去って行った(*・∀・)ノ))
気づいたら通りすがりの親子連れが数組(*・∀・*)な顔して寄ってきて……

結果、親が展示品見てる間にこっちは鶴やら飛ぶ鳥やらを子供たちにガン見されながら折ることに忙しかったが、
紙一枚からこんなにも素敵な笑顔を沢山生み出してくれた「鶴」は、
ホント願いを叶えたりする特別な力があるんだなって思ったよ。

246:おさかなくわえた名無しさん:2013/06/16(日) 00:58:21.72 ID:BD4WdcIS

余談だが、特別擁護老人施設で知り合ったおばあさんが、折り紙の先生やってて海外にも良く行ってたらしい
日本だとよく知られてるけど、海外だと一枚の紙から何かを表現するって言うのは凄い感動されるらしい
場合によっては、子供より親の方が真剣になっていろいろ聞いてくるらしいw

みんなの反応

1:アトランティス:2015/02/04 16:26:44

今度孔雀を折ってあげたらどうだろうか

2:面白い名無し:2015/02/04 16:45:04

鶴、折れるようになろ……

3: :2015/05/27 21:31:48

折鶴しか出来ないが、確かに改めて考えると、
折り紙って凄いよな。良く考え付くもんだよ。

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)