豆まきも恵方巻きもしない。駄菓子を取り合うのが我が家の節分

カテゴリー: ほっこりする話
http://omoshiroi-hanashi.com/hokkori/9177.html

337:風と木の名無しさん:2010/02/03(水) 21:49:37 ID:+aOjTCNi0

2月3日の節分。豆も恵方巻きも用意しない。
そのかわり、うちにあるのはダンボールいっぱいの駄菓子。

和室を真っ暗にして、家族はビニール袋片手に好きな場所でしゃがんで待機。
そこにダンボールいっぱいの駄菓子を持った祖父登場。

スポンサードリンク

「福はうちーーー!!!!」
叫びながら部屋中にこれでもかってほど駄菓子をばらまく祖父。

真っ暗闇の中、音と感触を頼りに菓子をひろってかき集める家族。
親も子も夫婦も兄弟もあるか、弱肉強食だといわんばかりの壮絶な取り合い。

時々お互いぶつかったり、手を引っかかれたりするけど気にしない。
頭に飴やらキャラメルやら当たるけど気にしない。
うまい棒とかふ菓子は踏まれてボロボロになるけど気にしない。

ちなみに私と叔母はその場でじっとしたまま、ひたすら周囲をかき集めるタイプだ。
祖母と父は、動き回って手当たり次第にさらっていく作戦を敢行する。

伯父は「こっち!!!」と大声で祖父を誘導し、ビニール袋広げてるっぽい。
「しゅーりょー」祖父がすべてをまき終わり、電気をつけたら終了。

明るくなった時に拾い残しを見つけたら、すみやかに近くの人が拾う。
物々交換はそれぞれの交渉次第。交渉が済んだら、各自戦果を大きな声で報告。

一番拾った人は、祖父が「今年いい事あるよ」と褒めてくれる。
一番少なかった人は「残念! 罰ゲーム!」と和室の掃除が課せられる。
拾ったものは、責任もって残さず全部自分で食べる。

これがうちの豆まきで、子供の頃は日本中の家族がこうやっているんだと信じてた。
違うって分かった時はビックリして、思わず祖母になんでうちはこんな節分なんだと聞いた。

「どうやったらあんまりお金かけずに楽しい節分にするか、おじいちゃんと考えたから」
そっか、うん、楽しいよ。終わったあと、いつも家族みんなで大笑いだもんな。
ありがとう、おじいちゃん、おばあちゃん。来年もまたやろうね。

みんなの反応

1:くの:2015/02/03 1:12:56

いい家族だなあ、
そんな絵にかいたような家族うらやま。
わたしは生まれたときから一人だったのー

2:心菜:2015/02/03 20:21:12

うちと全く同じー!
袋のラムネとか飴とかチョコとか、沢山あってわくわくしたなー。
またやりたいな。

3:面白い名無し:2015/02/05 18:43:13

俺んちもこのパターンだった笑
小さい頃はお菓子が大好きだったから節分が毎年楽しみだったな

4:面白い名無し:2015/02/05 18:49:58

※2、3も同じってことは何か元になるものがあるのか?

5:面白い名無し:2015/02/05 20:20:03

※4
さっき母親(60歳)に聞いたら、母が子供の頃に父親(おれのじいちゃん)がやっていたそうだ
んで楽しかったから俺らにもしてくれてたんだって
元ネタを聞いたけどわかんないだって
まぁだいぶ前からあることってのはわかった

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)