意味の有る無しで価値は語れない

カテゴリー: 深い話
http://omoshiroi-hanashi.com/hukai/28.html

あるお寺に和尚さんがいたのだが、長年老体に鞭打ったのが仇となり、とうとう半寝たきり状態になってしまった。
読経や寺の掃除など一切の業務を弟子に任せきりとなってしまったため、暇を持て余してしまった和尚さんは、ある日から文字の書いたカードを仕切りに音読し始めた。

スポンサードリンク

弟子が不審に思って「それは何か」と尋ねると、和尚さんは笑顔で「英単語の暗記カードだ」と言う。
和尚さんの年齢はその時すでに80歳を越えていた。
残念ながらこの先回復する見込みもなく、はっきり言って後は死ぬだけ。

弟子は気後れしながらもそのことをやんわり和尚さんに伝え、失礼とは思いつつ、それが「無意味」であるとたしなめる。
すると和尚さんは怒ることもなく、
「昔から英語がぺらぺらになりたいという夢があった。
 もう80を越え、先も短いかもしれないが、今度生まれ変わったとき少しでも楽に覚えられるように、今のうちに勉強しておるのじゃ」
と笑顔で答えた。
それを聞いた弟子はその前向きさに感銘を受け、それから暗記のお手伝いをするようになったそう。

みんなの反応

まだコメントはありません。

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)