大戦末期、米軍から日本兵を救った英霊達の「死守セヨ」

カテゴリー: 不思議な話
http://omoshiroi-hanashi.com/husigi/11135.html

546:1/3:2009/03/25(水) 11:41:52 ID:/2ITBfYw0

大戦も末期に近づき、アッツ島の玉砕を受けた日本軍は、アリューシャン列島からの撤退を決意した。
しかし、制空権も制海権も米軍に奪われた今となっては、撤退そのものが至難の技だと思われた。
しかし、撤退は予想外のスムーズさで完了したのだ

スポンサードリンク

ちょうど、撤退のための兵員輸送船と護衛の艦艇がアリューシャン列島に到着する頃、アリューシャン列島近辺の海域に濃霧が立ちこめ艦隊を守ったのだ
しかも艦隊と撤退する部隊が駐屯する島は、まるで霧の中の泡のような不思議な晴れ間に包まれて、なんの混乱もなく無事に
そして全部隊の乗船が完了するとまるで、その艦隊を隠すかのようにまた霧が立ちこめて来たという

547:2/3:2009/03/25(水) 11:47:09 ID:/2ITBfYw0

そして、船が出航し日本へと進路を取ったとき、霧の中から漕ぎ寄せる一艘の船が目撃された、その船には沢山の将兵が乗っており何かを叫びながら手を振っている、まさか乗り遅れた兵が居たのかと船上は騒然となったが、その将兵達はまるで見送りに来たかのように、笑顔で手を振りながらだんだんと霧の中に消えていったと言う

そんなことがありながらも、全将兵の撤退は無事に完了した

548:3/3:2009/03/25(水) 12:12:19 ID:/2ITBfYw0

その後、日本軍が撤退したとは知らない米軍がもぬけの殻のはずの基地を偵察したとき、基地側から偵察機に対しての攻撃があり、そのことから米軍はアッツ島と同じ状況を想定して部隊を編成
同島に対して攻撃を加えたところ基地側からの反攻もあり、日本軍の玉砕を警戒ながら大規模な上陸作戦を敢行した
が、いざ上陸してみると当然のように、猫の子一匹いなかった

これは、アッツ島の英霊が代わりに戦っていたのではないかと言われている

死守セヨ、

これは死んだ後も魂魄と成ってその場に踏みとどまり
敵と戦えと言う命令である。
アッツ島の英霊達は、まさに死守したのである

みんなの反応

1:面白い名無し:2016/10/26 12:25:47

張さ~ん。あっぱれ入れてくださいよ~。

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)