秀吉に「秀政は傑出の人なり」と言われた堀秀政のちょっといい話

カテゴリー: いい話
http://omoshiroi-hanashi.com/ii/12386.html

611:人間七七四年:2008/11/19(水) 18:45:23 ID:7jr2svV7

堀秀政のちょっと良い話(戦場編其ノ一)

人使いが巧く、「名人久太郎」と呼ばれた秀政。
戦場でも彼はその才能を発揮していた。

合戦での陣中の夜間、特に風雨の強い時などは
「陣泥棒」と言う、武具や糧秣を盗む盗賊がいて、
当時の武将達は常に警戒していた。
だが秀政の陣では「陣泥棒」にやられる事が無かった。

スポンサードリンク

秀政は見張りの兵達に、こう申し付けていた。
「今宵は風雨が強く、泥棒には絶好の機会だ。
もし『陣泥棒』が来なくても、わしがスキを見て泥棒に入るので、気をつけておけよ。」
大将にこう言われては、厳しく警戒せざるを得ない。
秀政はこうして「陣泥棒」を防いだのである。

612:人間七七四年:2008/11/19(水) 19:19:38 ID:7jr2svV7

堀秀政のちょっと良い話(戦場編其ノ二)

秀政が秀吉の配下として九州平定戦に従軍
していた時の話である。

秀政は城を攻めていた。
城方から勇敢にも討って出てきた、敵兵五十人ほどを生け捕りにした。
秀政の前に引き出された敵兵達は、見せしめの処刑を覚悟した。

秀政は敵兵達に言った
「九州に来てから城攻めばかり。
攻めた城はどこも一日で落城し、わしは次々と行軍せねばならず、本当にきついのだ。
そこでお前達に頼みがある。
このまま城に帰って、せめて後三日は持ちこたえてくれないか?
対陣していれば軍を動かさずに済むからな。」
と言って敵兵全員を解放した。

すぐさま城に逃げ帰った兵達は、とても敵う相手ではないと悟り、
城方は即座に降伏した。「名人久太郎」の面目躍如である。

もっとも、秀政は本当に休みたかったのかもしれないが…

615:人間七七四年:2008/11/19(水) 21:22:55 ID:7jr2svV7

堀秀政のちょっと良い話(政務編)

ある時、堀家では論争が起きた。それは
「荷駄を運ぶ際、荷駄の数を決める勘定役と、荷駄を運ぶ担ぎ役とではどちらが偉いか?」
と言うものであった。

現代風に言えば経理担当と現場担当どちらが大変か?と言う感じである。
これを聞いた秀政は勘定役、担ぎ役の双方を集めこう言った。

「わしはかつて、蔵入り奉行(経理担当)をしていたので、勘定役の苦労はわかる。
だが担ぎ役はしたことが無いゆえ、今からやってみる。
荷駄を用意してくれ。」
と言って荷駄を用意させ、自ら荷駄を担いで小高い山を乗り越えた。

そこで一緒に着いてきた勘定役と担ぎ役の双方に言った。
「わしも戦で鍛えたゆえ、荷駄ごときと思っていたが、間違いだった。
ここに運ぶまでにヘトヘトになってしまった。
担ぎ役達には、いつもこの様な苦労をさせていたのだな。本当にありがたい。
これで勘定役も荷駄を運ぶ苦労がわかったであろう。
お互いが苦労をいたわれば良いのではないか。」

勘定役、担ぎ役の双方は秀政の体を張った説得に感動し、和解した。
以後論争は無くなり、家中の団結は一層強くなったのである。

みんなの反応

1:面白い名無し:2019/04/04 13:03:46

ニダは図々しいから嫌い。

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)