飼い主と散歩している犬をじっと見つめていた野良犬

カテゴリー: いい話
http://omoshiroi-hanashi.com/ii/12801.html

いつも散歩に行く土手に、何ヶ月も前から白い犬がいた。
犬は毛がぼさぼさで、あまり食べていないんだろうか、痩せこけていた。
とても人に慣れていて、決して触らせないが近くまで寄ってくる。

捨て犬なのか、迷い犬なのか分からないが、野良ではないオーラを持っていた。
近所の犬の散歩を、いつもじっと見つめているんだが、とても寂しそうで、こっちが切なくなった。
連れて帰りたいけど、うちは賃貸だから無理だしなあ、と思っていた。

スポンサードリンク

先週、新しい真っ赤な首輪が犬に付けられていた。でも飼い主の姿は無い。
今日また行ったら、リードを持ったおじさんに連れられて、元気に、嬉しそうに散歩していた。
連れと

「あの犬かな?」

って話していたら、おじさんが気づいたのか話しかけてくれた。

おじさん曰く、ずっと前から気になってはいたが触らせてくれないもんだから、こりゃ持久戦だ!と思って、少しづつ仲良くなっていく作戦を取ったそうな。

離れたところから餌を置き、それを1ヶ月続けたところ、自分から寄ってきて触らせてくれるようになった。

チャンスだ、と思い持っていた首輪を付けたが、逃げられてしまった。
でも翌日も寄ってくるから、餌付けは続けた。
で、大晦日にとうとう家に連れて来る事ができた、と。

どうやら今日が初めての散歩だったらしいが、犬の目は輝いていたし、毛並みも前より良くなっていた。
幸せそうだったし、触らせてくれている間も尻尾をぱたぱた振っていた。
本当に良かったな、と心から思ったよ

みんなの反応

1:面白い名無し:2015/09/04 15:53:37

わんこが幸せになってそうでよかった!

2:Marnie:2017/01/19 2:53:05

Didn't know the forum rules allowed such braiillnt posts.

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)