学生時代の旅行中、自殺しようとしていた女性を助けた

カテゴリー: いい話
http://omoshiroi-hanashi.com/ii/2261.html

10年近く前の学生時代、友人と旅行に行った先での話。
観光名所の岬が思いのほか楽しくて、夕暮れまでプラプラしていた。

売店が閉店し、私達のほかに人もいなくなり肌寒くなってきたので、さぁ宿に行こうと車に戻る途中のベンチに、年配の身綺麗な女性がポツンと腰掛けていた。
どうして声をかけたのか、最初に何を話したのかあまり覚えてない。

スポンサードリンク

「私、自殺しようと思って来たんです」の一言が強烈だった。

身体を悪くし仕事を辞め、住んでいた場所は引き払った。
最後の思い出にと今まで行ったことのない豪華な旅館に泊まり、美味しい御飯を食べ、残っていたお金は全て使った。
そしてさあ死のうと思ってここに来たけどやっぱり怖くなった。
お金も無いし行くところも無いし、どうしよう、どうしようと思っていた。

話を聞いている間に完全に日が落ちて、あたりは真っ暗になっていた。
数歩歩けば断崖絶壁の崖、響く波の音、という状況に『これはヤバイ・・・』と少々怖くなった私達は、女性を連れて車に乗せた。

話の続きを聞くと、「親族に身寄りは無いがここから程遠くない場所に友人がいる、連絡先もわかる」と言うので、近くの駅に行き電話をかけてもらった。

女性がどこまで話したかわからないけど、その友人の元に行けることになったので電車賃と少しのお金、ホットのお~いお茶とアンパンを渡し見送った。21時前後だったけど最終電車だった。

それから約一ヵ月後、住んでいたアパートにその女性から手紙が届いた。
私と友人は同じアパートの隣同士だったので一緒に読んだ。

友人の紹介で旅館で住み込みの仲居の仕事をしている等の近況とあのとき貴女達お姫様に出会わなかったらどうなっていたか・・・とお礼の言葉が綴ってあった。
家賃3万円の超オンボロアパートに住む貧乏学生だったので『お姫様』という単語にオロオロしてしまった。

返信したかったけど住所が明記されていないかったのでそれっきり。
今どうしているんだろう

みんなの反応

1::2017/04/25 11:32:17

泣ける(;_;)
住所が書いてなかったのは気を使わせちゃ悪いと思ったからだろうねえ

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)