中学の時、嫌がらせをしてきた連中と喧嘩になりそうだった

カテゴリー: いい話
http://omoshiroi-hanashi.com/ii/2292.html

もう中学の頃だが、意味もなくある一人を無視したり嫌がらせをすることが流行ったときがあった。
俺は昔から正義感が強いと言うか、曲がったことが非常に嫌いだったので、なるべくそのような流れには加わらないようにしていた。

だけどそれが原因で逆に嫌がらせを受けたことがあった。
まあある程度は無視していたのだが、朝から学校に来たところ下駄箱の上履きがぐしょ濡れになっていたことがあった。
その時怒りが爆発して、相手の主犯格は大体見当がついていたので、そいつのとこに向かって行って一触即発の状態になった。

スポンサードリンク

すると取り巻きにも囲まれてしまって、しゃあないぼこられても意地見せたるかと思ってこっちから殴りかかろうとしたところ、それまでほとんど話したこともなかったとある男がいきなり間に入って来て、
「こいつをやるなら俺もお前らの相手になるぞ」
と助けに入ってきた。

そいつはほんとに入学してからも一言二言くらいしか話をしたことないやつだったが、サッカー部に入っていてガタイもでかく、そいつが出てきたら取り巻きの連中もぶつぶつ言いながら散っていった。

その日どうしてもありがとうと言いたくて、そいつを誘って帰ったのだが、そいつが言うには、
「俺はお前とはあんまり話したこともないけど、何故かいい奴だと思っている。
 俺はお前に会えてよかったと思ってる」
と言ってくれた。

まあ慰めで言ってくれたのかもしれないが、この時ほど心から「ありがとう」と言えたことはなかった。
まあ臭いドラマみたいな話で、今ではそいつとは交流も全くないけど、大人になった今でも忘れられない。

みんなの反応

1:面白い名無し:2015/12/17 22:06:15

何かいいわー 

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)