センター試験の日、大雪で電車がストップして女子高生が青ざめていた

カテゴリー: いい話
http://omoshiroi-hanashi.com/ii/2295.html

世間ではセンター試験が開催されていますね。
ここで私がみかけた話をひとつ。

ちょうど十年前のセンター試験の日のできごと。
当時の私は、田んぼに雪が降り積もっているとある田舎町に住んでいた。
あたりは見渡す限りの山に囲まれていて、高層ビルなんかも見当たるわけがない。
私はいつも始発の電車で仕事場に向かっていた。

スポンサードリンク

その日もいつものように始発に乗っていたところ、急に電車が停車した。
なんでも、吹雪の影響で電車がこれ以上進むには危険だそうだ。
そのアナウンスを聞いて、乗っていた一人の女子高生が騒いでいる。
携帯電話でどこかにかけていたが、切るとすぐに青ざめた表情になった。

30代くらいの会社員らしき男性が
「どうしたの?」
と声をかけると、
「センター試験まで間に合わなくなっちゃったんです」
と、涙ながらにこぼした。

電車は動く気配もないし、こんな朝っぱらから通っている車もない。
会場のある隣町までは、この電車でぎりぎり着くかどうか、というところであった。
私は手の打ちどころがないと思っていたら、その会社員が無言で携帯電話を取り出して、どこかに電話をかけた。

話し終わったら、女子高生へこう告げた。 「今、家内に事情を話したら今すぐ来てくれるそうだ。
 五分もあれば迎えが来て、会場まですっ飛ばしてくれるだろう」

彼女は泣きながら会社員にお礼を言った。
そうして数分後に迎えが来て、運転手さんに事情を話しておろしてもらい、会場へとのせてもらっていた。
終始女子高生は会社員にお礼を言ったが、会社員は
「お礼を言う暇があったら、勉強しておきなさい」
と言うほど冷静であった。

それから毎年この時期が近付くとこのことを思いだすけど、今まで生きていた中で一度もあの人ほど「紳士」という言葉に似合っている男性は見たことがない。

みんなの反応

1:面白い名無し:2014/03/13 22:06:05

かっこいい

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)