子供の頃、背中に見事な刺青がある筋者たちと風呂に入っていた

カテゴリー: いい話
http://omoshiroi-hanashi.com/ii/7294.html

184:名無しさん@HOME:2013/09/23(月) 18:54:21.02 0

高度経済成長後期の話

ド田舎のウチの近くで道路拡張工事かあり、家の庭に飯場を建てることになった
田舎の広大な土地だからできる話なんだけどね、兼業農家で田畑もあったし

で、工事が始まると当然ながら飯場には土方の人が寝泊りする

スポンサードリンク

ウチの親父はゼネコンだったから(その現場には関係ない)
土方の人たちには非常に優しく接していて、母親も飯・飲み物の差し入れやなんかもしてた

田舎過ぎて水道も無い状況で、水はウチの井戸水だけが供給可能な状態だったんだ
飯炊きの人も居たけど、ウチから水出さないと食事も作れない状態ね

で、田舎で家もでかいし、親父の親切心もあって、そこの人は家の風呂に入りに来る
毎日毎日ね、当時4~5歳だった俺はその人たちと毎日風呂に入ってた

まぁ、遠くから出稼ぎに来た人が多かったんだが優しくて楽しくて俺は喜んでた
しかし、その人たちの背中には見事な絵が描いてあるんだよ
仁王様・鯉・龍・天女などなど・・・

俺は子供過ぎて、ただただ綺麗だな、かっこいいなって思ってて、聞いてみた
「ねぇ、僕には背中に絵無いよ?」って

そしたらその日一緒に風呂入ってた人が
「あのな、これは子供の頃に絶対に悪いことしない様にしてたら出てくる物なんだ」って

だから俺は絶対に悪い事しないようにしようと頑張ったし、勉強も一所懸命やったよw
その人が言うには、良い事をして勉強もいっぱいすると、一番かっこいい絵が出てくるって言うんだもん

まぁ、その嘘には感謝してるし、結果、良い学校も行ったし
それなりの就職もしたし、今も不満は無いし、逆にその人たちのおかげだと思ってるよ

今考えれば、家に数十人の筋者が居る状況って、究極の修羅場だなw

工事が完成した時の写真が2枚残ってるが、一つは全員作業着・ヘルメット
もう一つは全員上半身裸で背中向き、小さな俺は一番偉い人に肩車されてる
俺の背中に「?」って墨で書いてねw、俺、可愛がられてたって、久しぶりに見て思ったよw

188:名無しさん@HOME:2013/09/23(月) 19:04:21.78 0

>>184
すごい状況だなw

190:名無しさん@HOME:2013/09/23(月) 19:26:48.53 0

>>184
四国かな?
やくざは嫌いだがそのモンモンの説明は良いな

192:名無しさん@HOME:2013/09/23(月) 19:51:19.99 0

>>184
知らない人が見たら若い衆に囲まれた坊ちゃんだな

みんなの反応

1:hawkeye:2014/05/28 0:54:42

優しい嘘とはこういうものなんだな

2:面白い名無鹿:2015/02/22 12:59:48

たまには良いドカタもいるじゃんwwwww

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)