スポンサードリンク

悲しい話

嫁とツーリングの予定だったけど、嫁が乳がんになった

カテゴリー: 悲しい話

845:774RR:2013/05/27(月) 11:13:32.50 ID:c9s+TflT

去年車のローンが終わるから嫁にバイク買ってもいいよって言われて
初めてバイク板に来て嬉しさのあまり一番勢いのあったこの(多分)スレに報告して何故ひとツーに?と言われたのはいい思い出

今年に入ってNinja250が発売と聞いてウキウキして嫁とどこ行こうかとか計画立てて
他のバイクとすれ違ったらヤエる(※他のバイクとすれ違うときにピースサインすること)んだぜとか2人で練習してたのに嫁が乳がんで入院した

続きを読む

勉強を頑張って得られたもの。パソコンで失ったもの

カテゴリー: 悲しい話

62:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします:2009/08/19(水) 16:11:05.37 ID:qgupZcdP0

厨房の時の話だが

「次のテストで学年10位以内に入ったらPC買ってやる」って親に言われて必死こいて勉強したなぁ
惜しくも入れなかったんだけど、頑張りが認められて買ってもらったんだよ。なかなかの性能の奴を

で、弄ってるうちに某ネトゲの広告を見つけたのさ。始めてみるとメチャクチャ楽しくてさ
それこそ夢中でやってたものさ

続きを読む

生活が苦しいおばぁさんの土地を買い取った

カテゴリー: 悲しい話

430:名無し物書き@推敲中?:2004/09/02 03:45:00

今から4年位前、当時、不動産の仕事で、地主さんに土地売ってくれって頼んで歩く仕事だった
その地主さんのおばぁさん、結構生活きつくて(息子さんが事故で障害があるらしい)その為にお金必要だって、言ってた。

続きを読む

俺をいじめていた奴らに復讐するため同窓会に参加した

カテゴリー: 悲しい話

553:グラインダー(岡山県):2010/03 /20(土) 14:52:31.43 ID:mNaRPcPY

俺は高校の時、DQN4人組にずっと悪質ないじめを受けていた。
チ○ポの写メとられたり、殴られたり、クラスの前でからかわれたり、机に悪口を掘られて、そこに修正液を流し込んで悪口を消えなくしたり、牛乳パックを投げつけられたり、本当にいろいろされて死にたかった。

続きを読む

俺の一人目と二人目の彼女

カテゴリー: 悲しい話

一人目の彼女は、幼馴染で幼稚園の頃からずっと好きだった。
中1だったかな。俺から告白して付き合い始めた。

その頃から彼女は度々病院に行ったりしてたんだが、俺は全く気付かなかった。
そんで付き合って三ヶ月くらいの時に入院して、一ヶ月も持たずに死んでしまった。

続きを読む

愛しているが故に。自分の小さな息子の死を望んだ母

カテゴリー: 悲しい話

109 :本当にあった怖い名無し:2005/08/31(水) 08:31:51 ID:a0n7askH0

交通事故現場で両足ちぎれた男の子をお母さんがすごい笑いながら
「どうせ死にますから!殺しましょ!
 ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!
 どうすんの!こんなん助かってどうすんの!」
って石で殴り殺そうとして、周りの人が止めてた。

続きを読む

一人なのに混雑した学食に行ったのが全ての間違いだった・・・

カテゴリー: 悲しい話

97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 14:05:31.07 ID:PCQvPEx80

入学したての頃、俺は初めて学食に行ってみたんだ。もちろん一人でね。
慣れない食券システムにに戸惑いつつも、俺はウキウキした気分でハンバーグ定食を購入した。

定食を貰って、席に着こうとしたんだが、もうすでに満席。
一見空いているかに見える席も、DQNどもが荷物を置いて席取りしていた。
今考えたら混雑した昼時に学食に行ったのが、全ての間違いだったんだ・・・

続きを読む

離婚後は娘のために生きることを決めていた

カテゴリー: 悲しい話

163:大人の名無しさん:02/01/18 16:15 ID:83FjFR72

娘が6歳で死んだ。
ある日突然、風呂に入れている最中意識を失った。
直接の死因は心臓発作なのだが、持病のない子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受けた。

続きを読む

戦争で腕と足を失った友達を連れて帰りたい

カテゴリー: 悲しい話

202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2007/07/31(火) 03:34:46.31 ID:W0ukLQeOO

ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。家で一緒に住んでもいいかな?」
息子の帰還報告に狂喜した両親は、「勿論!」と泣きながら答えた。

続きを読む

俺に優しくしてくれる事務の女の子に惚れてた

カテゴリー: 悲しい話

69:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/05/02(月) 01:03:09.93 ID:ZVJ/GoRP0

俺の仕事は通信関係の現場仕事。もちろん男ばっかりの職場。
ところが1年ほど前から事務に女の子が入ったんだよね。
そんなに若くは無いがまぁまぁ美人。性格もさっぱりしてるんだ。

続きを読む

アイスクリームがなくなってて母親を怒鳴り散らした

カテゴリー: 悲しい話

6:こんな名無しでは、どうしようもないよ。:2009/10/23(金) 12:17:14 ID:wmnf8GO6

中三の頃、母が死んだ。俺が殺したも同然だった・・・

あの日、俺が楽しみにとってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった。
学校から帰り、冷凍庫を開け、アイスを探したが見つからなかった。
母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った。

続きを読む

母が作ってくれてた弁当を捨ててた

カテゴリー: 悲しい話

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/09(土) 20:52:51.60 ID:UyLh67iz0

私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。

続きを読む

日に日に進行していくばあちゃんの認知症

カテゴリー: 悲しい話

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 17:20:08.77 ID:U4EZoPQ90

ばあちゃんのぼけは日に日に進行してゆき、次第に家族の顔もわからなくなった。
お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。
漏れと親父は、ばあちゃんと顔を合わせるたびに違う名前で呼ばれた。

続きを読む

母親が祝ってくれた最後の誕生日パーティー

カテゴリー: 悲しい話

303:大人の名無しさん:2001/01/22(月) 14:50

俺が23歳の頃、就職1年目の冬、俺の誕生日の日のこと。
職場の人たちが「誕生パーティーをしてあげる!」というので、家に「今日は遅くなるよ。ゴハンいらないから。」と電話を入れたら、父が「今日はみなさんに断って、早く帰ってきなさい。」と言う。

続きを読む

スポンサードリンク