背を向けた髪の長い女

カテゴリー: 怖い話
http://omoshiroi-hanashi.com/kowai/3335.html

3年前、実家に帰省したときの話。
実家の近所に100m位のわりかし急な坂がある。
道の横は両方土手で、人が落ちないように1m程度の石塀が立ってる。

ちょうど夕焼けで辺りが微妙に暗い時間ってあるでしょ?そんな時間に用事があってその坂をのぼってたのよ。
こんな時間だし、実家は田舎だから俺以外の通行人はいなくて。
そうしたら坂のてっぺんにこっちに背を向けた髪の長い女が立ってるのね。

別に立ってるだけだから普通なんだけど、 何か気になって視線が外せなくなった。
女がくすんだ薄ピンクのスーツを着てるのが認識出来るくらいまで接近しても、俺は女の後ろ姿を見続けた。

スポンサードリンク

そんで女もピクリとも動かないのよ。髪は風でふらーっとなびいたりはしてるけど。
10m位まで接近して、もういい加減見るのよそうと思って視線逸らそうとしたとき、女の首がガクンって180度真後ろに倒れてきた。
俺はぎょっとして一歩引いたよ。表情は見えなかったけど、見えなくて正解だったかも。

しかも女は後ろ向きのまま(顔はこっち向きだけど)すたすたすたすたとこっちに向かってきやがった。
俺は背を向けて走り出した。 下り坂だしあっちは早歩きだから逃げられると思って。
でも走ってる間なんでか俺は女に追いつかれそうになってることに気付いてた。

その通り、女はカッカッカッと足音を立てながら俺に追いつき・・そのまま抜いていった。
抜かれたときに女が通ってった右側の腕と頬にざわ~っと鳥肌がたったよ。
それでも「はぁ助かった」と思って立ち止まったけど、また息が止まった。

女が坂の下に立ってた。
最初と同じく、背をこっちに向けて。 首は普通に戻ってた。
「まさか!!」と思った通り、また女の首がガクッと倒れてこっちに向かって歩いてきた。
「冗談じゃねーよ」と思って俺は回れ右して今度は坂を駆け昇った。

さすがにさっきよりペースダウンしてて、 これじゃ簡単に追いつかれちまうって思ったんだけど、今度はなかなか来ない。足音はするんだけど・・・

あと坂の出口まで10m位まで来て、「今度は平気か?」と思った直後、女は俺を追い抜いていった。
上を見ると案の定おんなは頂上で背を向けて待っていた。

仕方なく俺は背を向けて坂を駆け下り・・・ってのを二往復して、さすがにへとへとになった俺は強硬手段に出た。
塀を乗り越えて土手に降りたのよ。今思えば最初からこうしときゃよかったかも。

勢い余って5m位滑り落ちたけどなんとか持ちこたえた。
坂まで戻って怖々塀から覗いてみたけど、女はいなくなってた。
でもなんか道に戻るのがイヤで、土手沿いに歩いて帰ったけど。
今でもちょっと坂道はやだね。
坂道全力疾走したのなんて後にも先にもこれだけだよ。

みんなの反応

1:あやら:2015/10/19 11:45:04

おうふ・・・

2:k.a.h:2016/07/02 11:39:32

この坂もまた、実に走りたくなる坂である

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)