人生をやり直したい、今から。

青文字⇒掲示板主(ID:BG9P2Gv30さん)の発言

黒文字⇒掲示板を見ている人の発言

『>>○○』は○○番の発言に対する返答


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:08:16.49 ID:BG9P2Gv30

まぁ長くなるんだけど、ちょっとだけ聞いてくれ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:13:42.52 ID:BG9P2Gv30

俺の家は凄く貧しかったんだ
それなのにヤる事はいっちょまえにヤって俺が出来たんだが
本当に貧しかった

理由は親父の借金なんだけど、聞いた話だと一千万以上あったんだとよバカじゃね
んで、電気とガスが止められるなんて日常茶飯事でさ。

真冬なのに水風呂とかあるあるwwwwだったのよ
もうね、マジ死ぬ寸前
なんで俺生きてるんだクラスの代物。
そんで小学校で給食が出た時はマジ嬉しかったね

こんなもん食えるのか!!って毎日が楽しくてしょうがなかったよ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:15:30.19 ID:IYG/CyO0O

>>8
ふんふん

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:17:47.80 ID:BG9P2Gv30

でもね、水とか止められる時もあってさ
同じ服着させられたり、汚いまんまだったりしてさ
えぇ、もちろんいじめられました、しょうがないよね
でも学校だけは休んだことないんだ、飯食えるから。

それでも毎日毎日先生に金の事を親に話せって言われるのが辛かった
ガキの俺でもわかった、我が家に金がないって。

そんでさ、友達って言える友達なんてできないまま
中学に言ったんだけどここでも酷かった
学ランなんて買えたもんじゃねぇの。

カーチャンが誰かからもらってきたお下がりでさ。

まぁ、それも日常茶飯事だからどうでもよかったんだけど
イジメがエスカレートしたのと飯が食えなくなったのが一番辛かった

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:22:16.98 ID:BG9P2Gv30

でさ、イジメられてて思ったね、俺は貧乏になんてなりたくねぇって。
飯が食えない時思ったね、必ず三食寿司を食ってやるってね。

それから新聞屋に土下座しに行ったよ、働かせてくれって。
何件も何件も断られてやっと渋々承諾してくれた時は泣いたね。
泣いてありがとうございますって何度も何度も頭下げたよ

それから毎日働いた。
死ぬ物狂い。
始めて貰った給料は6万程度
全部親に渡したよ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:23:20.42 ID:IYG/CyO0O

>>16
ほほぅ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:26:07.51 ID:BG9P2Gv30

両親泣いてたね
そんですっげー謝ってたわ
正直、どうでもよかったんだけどね
照れ隠しとかそーゆーんじゃなくて、実際早くこの貧乏生活から抜け出したかっただけだから。
それでもクソ親父はちょっとしか働かないんだけどね。
まぁ、それもどうでもよかったガキの頃から見慣れて感覚が麻痺してたしね。

でさ、中学卒業までその新聞屋でバイトして、全額親に渡してその度に謝られての繰り返し

それでも俺の昼食はパンとコーヒー牛乳なんだけどね、酷い時はやっぱり無し
なんも変わったもんじゃねぇの。

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:31:02.62 ID:BG9P2Gv30

でもね、絶対に学校はサボらなかった
どんなに眠くなる授業でも必死でボロッボロのノートに書いて必死に理解しようとしてた
周りのやつらに貧乏だからってバカにされたくないのと
同じ様に頭が悪いって言われたくなかった。

必死で勉強して、必死で働いててめぇらがヘラヘラ笑ってる間に
俺は絶対貧乏な生活からおさらばして普通にすごしてやるって
もうかなり必死だったね

友達なんていなかったからね

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:33:47.57 ID:mZ9rHhCz0

ほうほう

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:36:23.04 ID:BG9P2Gv30

でさ、中学も卒業間近になってさ。
進路どうしようとか思ってたわけ
俺の頭の中だと、良い高校行って良い大学行ってエリートまっしぐらって妄想ね

でも現実は常に非情なのよ
ある日、親にどうしようか相談した時さ
クソ親父は黙って出て行って、カーチャンは泣きっぱなし
何?わけわかんないんですけどwwwwwwwっうぇwwwwwwwwww
とか思ってたら
クソ親父が隣の部屋から

すまないが、働いてくれないか

だっておwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ふざけんなよバカwwwwwwwwwwwwwwwwwww
てめぇが働けよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


なんて言えなかったんだけどね。
俺は黙ってはいとしか言えなかったよ
ふざけた世の中だと心底思ったね

所詮貧乏の家に生まれた子は幸せなんて掴めないって。
本気でそう思ったねあの時は

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:37:07.91 ID:IYG/CyO0O

>>24
うんうん

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:41:27.48 ID:BG9P2Gv30

んでさ、大した思いでもない中学卒業して
初めて働いた所が屑鉄集めて売る所

クソ重い鉄板とか色々運ぶの。

それでも必死で働いたよ
絶対、こっからでかくなってやるって野心だと思う

まぁ、多分、絶対貧乏から抜け出してやるってのが正解かな
それでも必死に朝から夕方まで働いたのに
初任給14万くらいだったよ
全部親に渡してたけどね

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:42:39.24 ID:eAjjNiuc0

おまえ、偉いな・・・・

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:45:21.18 ID:BG9P2Gv30

それから2年くらいそこで働かせてもらったけど
ある日そこの社長さんから

悪いけど今月で最後でいいか

だっておwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
わかりましたとしか言えねぇよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ばっかじゃねぇのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
必死でやっても最後は切り捨てられるんだよwwwwwwwwwwwwwwwwww
マジ絶望したwwwwwwwwwwww
ほんと、これまで生きてて一番絶望したwwwwwwwwwwww

これからどうやって生きていくんだよとか
マジホームレスになるくらいなら死んでやろうとか思ったわ


でも、そこの社長さんが良い人で助かった
代わりの仕事用意しててくれたんだ。
それ知った時本当に涙出たね。
あの時程、人の善意に感謝した事はねえな

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:47:03.07 ID:mZ9rHhCz0

>>35
うんうん

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:52:20.44 ID:z3pzZ5mc0

社長いい奴ダナー

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:53:19.87 ID:BG9P2Gv30

それでさ、その社長さんが紹介してくれた仕事が
部品作る工場だったのよ

でもね、小さいのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
俺なんて雇える金あるのか?ってくらいwwwwwwwwwwww

それでもちゃんと雇ってくれたよ
ありがたい事この上ないが、正直大丈夫なのか?って不安でいっぱいだったわ
それに道具使う仕事は初めてだったし
最初は簡単な仕事でナットにペンキぶっ掛ける作業だったわ

それから溶接教えてもらったり
穴を整えてちゃんとしたナットを作ったり
ボルトとか言う棒に溝作る事教えてもらったり
図面の見方とか教えてもらったりしてさ


本当にそこの人たちも優しかった
俺は前の仕事でもそうだし、新聞屋の仕事でも
自分が貧乏なんて一言も言わなかったから
と言うか変な同情で雇われるのが嫌だったからな

そーゆー要素を知らないのに優しいって
これは本当に人の思い遣りって嬉しいもんだって心底思ったわ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 22:59:55.50 ID:BG9P2Gv30

それからそこでも3年ちょい働かせてもらった
まぁ、大体察しが付くと思うが案の定リストラ。

悪い、今月でちょっとやめてもらえんかなぁ・・・

だっておwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ええ、大体わかっておりましたよ。
何せ3ヶ月くらい仕事が来てませんでしたからね
ええ、そりゃ俺みたいなガキいくら切り捨てても変わりがいますもんね。
ええ、わかってますしょうがないです。
世の中そうやってできてますもんね。

まぁ、そこの人も凄い優しかった
俺が辞めさせられるって知ってからさ
色々な人に掛け合って俺を雇ってもらうように頼んでた
すっげー、マジ思い遣りスゲー

ま、それ知った時は涙でまくりんぐだったけどね


こんなガキ一人の為にみんな必死で次行く所探してくれてるって
それだけでビックリなのに、ここより良い待遇とか給料良い所とか探そうとしてんのwwwwwwwwwww


マジ、俺泣いてばっかだけど本当にウアンウアン泣いたよ

62 :以下、名無しに変わりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:05:27.38 ID:bXf2anPJO

うんうん

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:06:44.06 ID:eAjjNiuc0

高卒でも相当きついのに中卒じゃな

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:07:37.28 ID:BG9P2Gv30

でさ、そこの人たちが一生懸命探してくれたおかげで
ボードとか言う板張る仕事貰ったのよ
ほんと、あの工場出る時もありがとうございましたとしかいえねぇ

泣きながらそう言ってたらみんながんばれよとか負けるなよとか体に気をつけてねとか
何に頑張るんだよwwwwww何に勝つんだよwwwww体なんてどうでもいいだろwwwwwwwwwww

もう涙腺ぶっ壊れてるんじゃねってくらい泣いたわ
もう泣きすぎだと思うだろうけど本当に泣きまくり
それからそのボードを張る仕事についたんだけど
これまた俺が知らない道具使う仕事なのよ。

まぁ、またまた色々そこの人たちに教えてもらったんだけど

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:08:45.83 ID:gQ7hhMju0

>>66
建築系のボード屋の事かね?

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:12:46.16 ID:z3pzZ5mc0

俺の涙腺も崩壊寸前だ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:13:07.15 ID:sJhFAd280

なんかうんこみたいな俺より幸せなんじゃないのかと思えてきた

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:14:35.71 ID:BG9P2Gv30

でさ、そのボード張る仕事してから1年くらいしてさ
ある日家に帰ったら親父とカーチャンが言い争ってるの。
いっつも俺が帰ると無口になって夜な夜な言い争いしてるのに
その時はいつもと違ってずっとだから
何事かと思って様子見に言ったらさ
クソ親父がギャンブルで金を使ったらしいのよ。

まぁ、そんな事いつもの事だし使ったって月の返済額から超過した分だし
困るのはてめぇ自身だから何も思ってなかったんだけど

親父が

あのクソガキが働いてるんだから別にいいだろバカ
俺は働かないんじゃない、あいつが働くから働かないんだ
あいつが死んでも俺は困らないし勝手に稼いだ金渡してるのはあいつだ
俺が貰った金でどうしようと勝手だろ、勝手に渡す勝手に使う別にいいだろうが



この台詞だけは何年経とうが俺が死のうがあのクソ親父が死のうが
世界が滅亡しようが絶対に忘れない

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:19:23.83 ID:dnaxr+L80

>>74
・・・

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:20:11.60 ID:sJhFAd280

>>74が真実ならば
俺はちょっと涙ぐむ

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:21:17.50 ID:BG9P2Gv30

人生で多分一番キレた
親父に呆れてあんな奴には死んでもなりたくないって思ってたけど
本当に頭に来た

自分の親だとか、一応育ててもらってるとか、借金返し終われば普通の人になるとか
そう言う事考えてたけど、一瞬で全部吹っ飛んだよ
何も考えずに部屋入ってボッコボコにしたよ

あぁ、今でも悪いなんて微塵も思ってねえ。

前歯折れようが鼻が折れようが腕が折れようが
殺してやろうってくらい殴りまくった
拳が血だらけになっても、痛みがなくなっても殴ってたわ

その内俺は近所の人が通報したであろう警察に連行され取り調べられた
別にどうでもよかった。
もうどうでもよかった

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:23:18.63 ID:+BvwoBZlO

俺も、頑張るわ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:28:02.32 ID:BG9P2Gv30

本当にどうでもよかった
いっそこのまま誰か殺して死刑にでもなってやろうかとか考えてたわ
所詮、本当の地獄から天国へなんて行けるはずなんてなかったんだなぁってさ
どんなに頑張っても、どんなに必死になろうと、どんなに自分の両親を恨んでも
生まれた所から進めないんだわな。
本気でそう思ったわ。

それから母親が引き取りにきて親父の見舞い行った時
親父が泣きながら謝ってた

正直ウザい、死ねよ。

ボード張る仕事もやめてくれって言われた
もうどうでもいい
死んだって本当に悲しむのはこの親二人だけ
ならいっそ死のうか

そんな風に考えてた時期がありました

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/10(土) 23:29:21.67 ID:KCIiyeq30

現状が気になるところだ

スポンサードリンク

続き   長編の話

PR:新作ファッション情報

≪この話の目次≫
1  2