妻との出会い

プライベートでちょっとしたトラブルに巻き込まれ自暴自棄になっていた時のことです。
自宅にいても陰々滅々とするだけだし、黄色い花がわさわさ咲いている樹が向こうに見える公園の噴水前のベンチで、空を見ながらだらだらと自棄酒をあおっていました。

そしたらそこに後に嫁となる女性が来まして、
「そちらどいていただいてもよろしいですか?」
と言われました。

最初は面食らいましたが、『平日の公園で飲んだくれてたらそりゃクレームもつくよな・・・』と公園の隅の遊具に移動しました。
場所を変えれば良かったのですが、その時間だとまだファミレスしか開いていなかったものですからそこでまた酒を飲むことにしました。

そんなに広い公園でもないし、離れていても先程の女性は自然と目に入ります。
最初は自分と同じようにぼーっとしてるだけだったのですが、そのうちにざっしゅざっしゅと地面を蹴り始めました。
何もそんな勢いよく穴ほじくらなくてもと思っていたら、あれ?泣いてる?
遠目に見ていてもわかるくらいの勢いで泣いていました。

見ちゃいかんと思いつつもやはり目がいってしまいます。
そのうちにあちらも気がつきまして、バツが悪そうな顔でこちらに走ってきました。

「あの、見ないでいただけますか?」

無理矢理作ったような笑顔で言うわけです。もうこちらも焦ってしまって、
「見てません。」
と咄嗟に嘘までつく始末。

「さっき私のこと見てましたよね?」

いいから早くどこかに行ってくれと思いながら、つい
「泣いてるところなんて全然見てません。」
と見事に墓穴を掘ってしまいました。

「しっかり見てるじゃないですか・・・!!」

そりゃ怒りますよね。不審者に醜態見られていたら。
でもこちらからすれば理不尽この上ないことです。

「・・・すみません・・・」
と一言だけ謝って、半ば不貞腐れたように遊具の上で180度回転し生垣を見ながら飲み続けました。
不味い酒が余計不味くなる・・・

スプリングで微妙に揺れるパンダの上で新しい缶を開けた時おもむろに、

「それ・・・美味しいんですか・・・?」

美味しいも何もただのエビスなので、
「普通の味ですよ。」
としか答えようが無いです。

「普通の味って・・・不味いんですか?美味しいんですか?」

もう放っておいて一人で飲ませて下さいよと思いつつも、
「美味しいですよ。」
仕方がないので憮然と答えました。

不味いなんて言おう日にはとっととこの場から立ち去れと言わんばかりの勢いっだったんです。
そうしたら何だかポーチをごそごそし始めまして財布を取り出したかと思うと

「譲ってください。」

「へ?」

狐につままれたとでも言うんでしょうか。
まさか見ず知らずの人に公園でビール売ってくれと言われるとは思いませんでした。

「よかったらどうぞ。」

たかだか数百円のものですし、こんな変な女性からお金貰ったりしたらとんでもないことになりそうな気がして進呈しました。
ビール持って可及的速やかに去れの願いも空しく、その場でごっごっと飲み出したかと思うとげべーっと嘔吐。

「苦い・・・まずい・・・」

苦いよ。そりゃビールだもん。
呆気にとられる俺の前で今度はいきなり座り込んで泣き出してしまいました。
面倒だとは思ってもまさかそのまま放っておくわけにもいきません。

「ちょっと待ってて。」

そう言えば公園の入り口のところに自動販売機があったなと、ダッシュでジュースを買いに走りました。
好みの味など皆目わからないので、取りあえず自動販売機で3、4本適当にジュースを買って戻ると、さっきまで俺がいたパンダの上に彼女が座って待っていました。
待っててと言ったので待っていたわけではなく、慌てて走っていった俺が置きっ放しにしていった荷物を見てくれていたようです。

「ビール、好きじゃないみたいだから。」

差し出したジュースを見て、
「炭酸ばっかですね。」
とちょっと笑ってまたポーチを探り始めたので、
「お金はいい。いらないです。おごりで。」

久しぶりに猛ダッシュしたのと、既に何本か干していたビールのせいでちょっとえづきながら言いました。
今度は美味しそうに飲んでいるし、間が持ちそうもなかったのでそのまま荷物を持ってその場から立ち去ろうとした時、

「飲み終わるまで一緒にいてもらってもいいですか?」

帰れなくなってしまいました。
仕方が無いので彼女が選ばなかったジュースの中から一本開けて飲んでいました。

「これ入り口の自販機で買ってきたんですか?」

「うん、そう。」

「あそこ当たり付きって書いてあるのに全然当たらないですよね。」

「そうなの?」

などと当たり障りの無い会話をしたような気がします。
でもジュース1本分飲み干すだけの時間なので10分も持たず、気まずいと言いますか、なんだか微妙な空気が漂いました。
帰りたい・・・この場から逃げたい・・・
抱えていたトラブルが女性絡み(非恋愛)だったせいもあって正直しばらく女性と話もしたくありませんでした。
女性=面倒臭くて理解し難い生物でしたから。

でも伏目がちに
「ごめんなさい・・・もうちょっと・・・」
って言われて、はいさよならと踵を返す程冷たくもなれず、
「ごめん。立ってるのしんどいし、向こうのベンチに座ってもう1本飲んでもいい?」

一緒にベンチに移動して、でも間に荷物を置いてちょっと距離をとって話をしました。
飲んでいるジュースの他のフレーバーの名前。
噴水の向こうに見える花の名前。
女性の名前。
他愛も無い話だけれど、だからこそ疲れていた心には酒よりも効きました。
いきなり
「なんで泣いてたか聞かないんですね。」
と目を見て言われた時には冷たい汗がどっと吹き出ました。

「泣きたい理由は色々あるし。人それぞれだから。」

なんとかそれだけ言うのが精一杯。
でも女性がそういう物言いをする時は言いたくて仕方が無いんですよね。

「言って楽になるなら聞くけど・・・聞くしかできないけど。」

若い女性がこんなとこで泣いてるなんてどうせ失恋かなんかだろうと思いました。
けれどとつとつと彼女が話し始めたのは恋愛とは関係がないものでした。

・小学生の頃からの親友が遠方に引っ越してしまったこと。
・引っ越してから2年近く絵手紙を交換していたこと。
・最近は彼女が出してもあまり返事が来なくなったこと。
・もう手紙は送らないでいいと一昨日電話があったこと。
・そして彼女が昨日色鉛筆と友達からの手紙を全部捨ててしまったこと。

「馬鹿ですよね」
って笑いながら、でもほとほと泣きながら話すのでどうしようもなくなってしまって、精神的に参っていたのでもろにボディブローをもらった感じでした。
「そんなの、手紙なんてまた書けばいいじゃん。やり直しなんていくらでも効くんだよ。断られたっていいじゃん。友達なんだろう。」

思わずもらい泣き、涙流しまくり、鼻水垂れまくりです。
そんな俺を見て逆に彼女のほうがおろおろしちゃって、くれたティッシュで鼻かんでも中々止まらなくて、終いには彼女まで大声で泣き出してしまいました。

スポンサードリンク

続き   長編の話

PR:「訳あり」アイテム

≪この話の目次≫
1  2