自宅警備員の俺が泥棒を捕まえたったwww

青文字⇒掲示板主(ID:jNqD0mTB0さん)の発言

黒文字⇒掲示板を見ている人の発言

『>>○○』は○○番の発言に対する返答


1 :名も無き被検体774号+:2011/11/09(水) 20:44:10.94 ID:jNqD0mTB0

先月、自宅警備員歴8年の俺が大手柄を立てたので書いてく。

2 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 20:45:34.10 ID:jNqD0mTB0

まず簡単に俺の略歴から。

学生時代:ゲーム大好き。インドア派。成績は中の中だがコミュ障ぎみ。

22歳で大学卒業するも、面接が苦手で就職先が見つからず撃沈。
最初は焼肉屋でバイトしてたんだが、1年くらいでやめた。
あとは日雇いのバイトとかたまにする程度。

3 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 20:48:02.88 ID:jNqD0mTB0

ずっと実家住まい。
父親はサラリーマン58歳。母親は看護師58歳。
平日は自宅に誰もいなくなるから、俺が警備を担当している。

といっても普段はそんな事件なんて起こらないから平和そのものだ。
マンガ読んだりゲームしたりしながら毎日過ごしてる。

4 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 20:53:02.08 ID:jNqD0mTB0

ところが、少しづつ秋の訪れを感じる先月の26日、事件は起こった。

俺はいつも通り、南側の窓のある部屋(和室、畳部屋)にごろごろしながら、
闇金ウシジマ君を読んでいた。

ちなみにウチはマンションの2階なんだが、
南の部屋は日中は多少なりとも日の光が入ってくるので明るい。
俺は両親に多少なりとも気を使って、日中はなるべく電気を使わないようにこの部屋に居るようにしてた。

5 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 20:58:52.52 ID:jNqD0mTB0

で、畳の上で寝そべってゴロゴロしていると、
なんか頭の上の方(窓のほう)からキィキィ音がする。
しばらくはどっかで道路工事でもしてるのかと思ってたんだが、
やっぱり妙に近くから音がするような気がして、ふと窓の方に目をやってみた。

7 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:02:16.79 ID:jNqD0mTB0

厚手の白いカーテンごしだったんでハッキリとは見えなかったが、
どう見ても人間と思しき影が、ベランダの窓の所に座ってなんかやっている。

俺の体はこわばった。
どうしよう、なにアレ? やべぇよ絶対。

13 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:06:07.34 ID:jNqD0mTB0

動いたらバレて殺されるかも、とか思ってしばらく動けなかった。
冷静に考えてみたら、たぶん向こうが逃げていくと思うんだが、
とりあえずその時はそんな事考えられなかった。

そんな訳で、たぶん30秒くらいは動けずじっと固まってた気がする。

しかし節電のために電気はつけてなかったんで、部屋の中はそんなに明るくない。
加えて厚手のカーテンのおかげで、外からはあんまり中が見えないはずだ。

17 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:09:13.51 ID:jNqD0mTB0

俺は意を決して、動くことにした。
とりあえずこの部屋から出なくては、と思った。

仰向けからゴロンしてうつ伏せになって、ほふく前進みたいにして隣のリビングに出た。
リビングのソファの陰になる所あたりからハイハイみたいな感じになって、
さらに廊下に出て、トイレに入った。

18 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:12:55.43 ID:jNqD0mTB0

トイレという個室空間に入ってカギをかけた所で、俺は少し冷静さを取り戻した。
移動中は気付かなかったけど、額とか背中とか汗でびっちょりになっていた。
ついでにちょっと尿意もあったけど、なんかジョボジョボって音で気づかれたらマヌケすぎると思ってやめといた。

で、ポケットから携帯を取り出して、110番に電話した。
人生で初めての110番で、緊張したが、なんか優しそうな声のお姉さん(おばさんかも)が出てくれた。

20 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:19:17.19 ID:jNqD0mTB0

細部は適当だが、だいたいこんな感じだった。

「はい、○○です(なんとか指令室とか言ってた気がする、忘れた)、どうしましたか?」

「え、えっと、その、家に泥棒が入ってきているみたいであdsfか;」

俺はちょっとドモりながら答えた。

「泥棒に入られたんですね、住所はどちらですか?」

「入られたんじゃなくて、今どろぼうがあ;dsfじゃ;ldjkf」

俺は語尾に向かって声が小さくなる癖がある。

22 :名も無き被検体774号+:2011/11/09(水) 21:21:09.81 ID:w6otSTILO

なぜパンツの色を聞かなかったのかと

25 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:29:23.06 ID:jNqD0mTB0

>>22
 おまいらお姉さんにつられすぎww
 割と落ち着いた感じの声だったから、30~40くらいかもよ?

24 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:27:40.32 ID:jNqD0mTB0

「えっ、いま泥棒がいるんですか?」

「ハ、ハイ、そうなんですあ;lkdjf;k」

ちょうどそれ位の時に、和室の方からカラカラカラっと窓の開く音が聞こえてきた。
俺は声をひそめながら、モソモソと住所を伝えた。

「分かりました、すぐに付近の警察官が向かいますのでお待ち下さい。
犯人の身長や服装は見ましたか?」

「いえ、まだ見てないでぅ」

「わかりました。では連絡先を教えて下さい」

んで、携帯の電話番号を言ったら

「それでは警察官が到着するまでお待ちください」

といって切られた。

27 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:36:06.52 ID:jNqD0mTB0

電話を切って一息ついたくらいで、たぶんリビングの方のあたりから
ミシッミシッって人が歩いている音が聞こえてきた。

か、確実に中に入ってきているよ!!

早く来てくれ警察の人!

俺はすがるような思いで祈っていた。

でも同時に、「そういやガラス割れる音しなかったな」
とか、どうでもいい事も考えていた。

後で分かったんだが、ガラス割る時は
ガムテープみたいの貼って割るから殆ど音がしないらしい。

31 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:40:50.77 ID:jNqD0mTB0

で、しばらくはリビングの方でゴソゴソやってたみたいで、
たまに引き出しをあけるような音とか聞こえるくらいで、
割と静かなもんだった。

俺は汗だくになりながらも、じっとトイレで身をひそめていた。

どれくらい経ったろう。たぶん1分くらいだと思うが、すごい長く感じた。

すると、突然また足音がしだして、今度はトイレの方に近づいてきた!!

32 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:46:15.52 ID:jNqD0mTB0

俺はとっさに武器になるものを探した。
トイレクイックル、芳香剤、ちいさなゴミ箱・・・
ダメだ、どれも武器になりそうにない。

そもそもドアにカギがかかっているから、そう簡単には開かないんだが。

足音がトイレの前を通りすぎる時、俺の緊張は極限に達した。
よくマンガとかで汗がポタポタ垂れるけど、
本当に床に汗がポタッと垂れたのは初めてかもしんない。
そのくらいすごい汗だった。

足音はそのままトイレの前を通り過ぎて、奥の部屋へと向かっていった。

33 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 21:55:15.05 ID:jNqD0mTB0

今度は両親の寝室の方に入っていったようだ。
実はうちの大事なものは、寝室のたんすの引き出しの一番上に入っている。
たぶん泥棒に見つかるのも時間の問題だろう。

(ここで俺が出ていけば盗まれるのは止められるかも)

家の大切な財産が奪われかねない状況になった事で、
今まで逃げ一辺倒だった俺の心境に変化が生まれた。

今出ていけば、大切なものは盗まれずに済むかもしれない!
けど、俺の命の保障はない。
いくら自宅警備員とはいえ、命は惜しい。
っていうか、怪我するのだって嫌だ。

俺はたまに部屋でなんちゃって筋トレするくらいで、
ガタイも良くないし、もみ合いになったらたぶんやられる。

ダメだ、父さん母さん、俺は二人の大切な財産を守れそうにないよ・・・。

34 :名も無き被検体774号+:2011/11/09(水) 21:59:58.65 ID:JR26jzrs0

なんだこれ面白い>>1頑張れ

35 :自宅警備員 忍法帖【Lv=4,xxxP】:2011/11/09(水) 22:00:37.82 ID:jNqD0mTB0

そんなこんなで泥棒が寝室でゴソゴソしている間、
俺はトイレの中で一人で葛藤していた。

出ていけば(たぶん)やられる。

出ていかなければ財産が奪われる。

どうする、俺、どうすんのよ、俺?

なんかどっかのCMのキャッチフレーズが頭に浮かんだりしつつ、
結局俺は泥棒が寝室から出てくるまでの間、取り押さえにいけなかった。

ダメだ、たぶん通帳とか母さんの指輪とか、全部やられたに違いない。

ミシミシと足音が寝室を出て、廊下を玄関の方に向かって歩いていくのを聞いて、
俺は絶望感に浸っていた。

その時、予想外の出来事が起こった!

37 :名も無き被検体774号+:2011/11/09(水) 22:03:42.68 ID:NoDgitVX0

面白い!
続きwktk

38 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 【東電 80.6 %】 !husianasan:2011/11/09(水) 22:07:00.34 ID:g73AiihH0

ドキドキすんね。

スポンサードリンク

続き   長編の話

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

≪この話の目次≫
1  2