ひったくりを捕まえたらオレもひったくられた話

青文字⇒掲示板主(ID:6BmpIy7L0さん)の発言

黒文字⇒掲示板を見ている人の発言

『>>○○』は○○番の発言に対する返答


2:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 17:50:19.78 ID:6BmpIy7L0

スレたて初めてなので、粗相があったらヌクモリティで見て下さい。
書いてもいいですか?

4:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 17:52:04.73 ID:0FEroOYI0

うむ
今年最後のお間抜けっぷりを聞いてやろう

5:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 17:55:19.66 ID:6BmpIy7L0

>>4
ありがとう。

とりあえず当時のスペック

俺 25歳
身長 173cm 
体重 62kg
容姿 メガネ。韓国人だったらもてそうな顔と言われる。

6:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 17:56:03.48 ID:6BmpIy7L0

それは、6年前の12月でした。
その日は金曜日で、俺は忘年会だった。
酒が飲めない俺は、家に帰るとクラクラしながら、テレビを付けコタツに潜り込んでいた。
気持ち悪くて仕方がなかった。
それからしばらくした、たぶん12時ぐらいだったと思う。

7:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 17:56:45.56 ID:6BmpIy7L0

「どろぼう!どろぼう!」
「だれか!どろぼう!」
声と同時に、外を走る靴の音が聞こえた。
クラクラする頭で俺は考えた。
(酔っ払いの大学生か?ふざけてんのか?)
(でも、本当だったら面倒だな)
(まぁ誰かいるだろ。俺が出なくても…)
(でもなぁ…とりあえず様子でも見てくるか…)

で、外へ出た。

10:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:00:09.58 ID:6BmpIy7L0

アパートの階段をおりて、声がした方向を向くと…
酒が吹っ飛んだ。
目の前に、全身黒ずくめのジャージ姿の男がいた…
うっすらと笑みを浮かべて俺を見ていた。

11:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:01:27.57 ID:6BmpIy7L0

そして、右手にはヴィトンのバックを持っていた。
いきなり見つけちまったよ…俺。
この服装にこのバック、こいつ犯人でしょ。
自分の運の強さというか無さを悔やんだ。
でも、開き直った。
「おい、そのバック返せよ。」

13:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:04:58.26 ID:6BmpIy7L0

男「なんだよ!」
俺「それ返せよ」
男「なんだよ!」
俺「何度もいわせんな、ぼけぇ!」(声が震えてました)
そんなやり取りをしているうちに俺の後ろから車が来た。

14:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:05:31.29 ID:6BmpIy7L0

チャンスだと思った。
俺が手を差し出すと、男は無言でバックを出してきた。
俺「最初からそうすりゃいいんだよ。」
そして、俺がバックをつかむと同時に男が逃げ出した。
バックは俺の手に残った。追いかけるか少し悩んだが、すぐに俺は後ろの車の人に声を掛けた。
俺「助けてください!ひったくりです!」

15:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:06:07.37 ID:6BmpIy7L0

兄ちゃん「えっ!」
俺「追ってください!」
兄ちゃん「あいつですか!わかりました!」
俺「お願いします!」(声が震えてました)
車で走り出す兄ちゃん。
車の後ろを走る俺。

16:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:06:38.06 ID:6BmpIy7L0

男が曲がり角を曲がり、俺には見えなくなってしまった。
しかし、車で先を走っていた兄ちゃんには見えていた様で、車を停めて住宅の裏へ走り出した。
車からもう一人の兄ちゃんと、女の子が出てきた。
気がつくと周りの家からも人が出てきていた。
なかにはゴルフクラブを持って出てきてるオッサンもいた。
それを見て、少し安心した。心強かった。

17:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 18:07:04.99 ID:6BmpIy7L0

俺「ひったくりです!助けてください!」
できるだけ周りの人を巻き込もうとして叫んだ。
オッサン「どこ?どこにいった?」
俺「この家の裏です!」
走り出すオッサン。眺める俺。
手に持ったバックをどうするか考えていたら、兄ちゃん二人が男を捕まえて出てきた。
オッサンがクラブを握って後ろを歩いている。ドヤ顔だった。

20:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:21:54.76 ID:6BmpIy7L0

俺「てめぇ!何してんだ!」
男「何にもしてねぇよ!離せよ!」
俺「自分がしたことがわからねえのか!」
男「何もしてねえよ!なんだよ!」
俺「正しいことを言ってんのはこっちだ!間違ってるのはお前だ!」
兄ちゃんA「うるせぇ!二人とも黙ってろ!」
俺「…はい」
兄ちゃんB「警察に電話しました?」
俺「してません!」
兄ちゃんAB「してください!」
俺「はい!」

21:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:22:40.52 ID:6BmpIy7L0

そのとき、さっき車から出てきた女の子が俺の肩を叩いた。

女「あの、彼女…」
俺「彼女?いません!」キリッ
女「いえ、あの娘が…」
俺「えっ?」
女「あの娘…」

少し離れた道路を指さした。

22:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:23:24.38 ID:6BmpIy7L0

指のさした方向をみると女の子がorzしてた。
俺は走り寄った。
俺「大丈夫ですか?これあなたのバックですよね?大丈夫ですよ」
orz娘「ぶえぇぇぇえ。ありがとうございまずずずずz」
俺「ケガは?」
orz娘「だいじょうぶれすすうすす、ぶえええぇぇぇえ」
兄ちゃんB「おい!早く警察に電話して!」
俺「はいぃぃぃ!」

23:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:24:18.80 ID:6BmpIy7L0

アパートに携帯を走って取りに行った。
俺は警察に電話するのが初めてだった。
俺「もしもし、ひったくりです!」
警察「はっ、はいいいい!ど、どこですか?」
俺「○○のあたりです!」
警察「○○ですね!!ところであなたはだれですか?」
警察の対応者もテンパっていた。

25:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:25:09.27 ID:6BmpIy7L0

俺「は?え?吉田と言います。」
警察「吉田さんですね?えっとどなたですか?」
俺「え?」
警察「えっと…どういった関係ですか?」
俺「え?」
警察「え?」
電話を切ろうと思った。

26:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:27:12.16 ID:6BmpIy7L0

俺「とりあえず早く来てください」
警察「いま向ってます。あなたはなぜそこにいるのですか?」
俺「えっ?…捕まえたからかな?」
警察「犯人はいますか?」
俺「います!あっ逃げた!」(まじで逃げ出してた)
警察「えッ!」
俺「あっ、捕まえた」(兄ちゃんBのタックルが決まった!兄ちゃんBすげぇ!)

くらいまでは覚えてるけど、あとは何を話したか覚えてない…
とにかく噛み合ってなかった。

27:吉田  ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:27:58.53 ID:6BmpIy7L0

警察が来ると、男が放心状態で虚ろな目をして道路を見つめてた。
なんだか物悲しい気持ちになった。
兄ちゃんたちに掴まれて、ズボンが下がっていた。
白ブリーフが見えていた。

30:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 18:35:15.05 ID:4Q7AOQoJ0

頑張れ吉田。
負けるな吉田。

32:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 18:38:07.45 ID:NKj/fE4dO

けど…


捕まえたの吉田じゃなくね?

34:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:40:23.88 ID:6BmpIy7L0

>>32
そう!そうなんだよ。俺じゃないの。
でも、その場の流れで俺になったの。

警察にもちゃんと言ったんだが「吉田で良いじゃん」的な流れになった。

33:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:38:24.72 ID:6BmpIy7L0

男は終始無言でパトカーに乗せられた。
警官からなんか説明をされてる様だった。
男がこっちをむいて口を開けた。
しかし、何も言わず俯いた。
すごく虚しかった。
なんであの男はこんなことをしたんだろう。
怒りと悲しさで何とも言えない気持ちになった。

37:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:44:53.85 ID:6BmpIy7L0

そして、男が連行されると、
警官「えっとね。事情を聴きたいので今から署に来てもらえます?」
俺「いまからですか?」
警官「すぐにでも犯人を検察に送りたいので、協力してくれませんか?」
俺「あっ、はい」
警官「ご自分で来られます?」
俺「ちょっと酒飲んでるんで車は無理です…」
警官「忘年会ですか?いいですね」
俺「あっ、はい」
警官「じゃぁ、乗ってください。寒いので着替えてきますか?」
俺「あっ、はい」
警官「じゃぁ、待ってますので」
俺「あっ、はい」

結構やりとりが強引だったけどこんなもんなのか?

40:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:50:27.35 ID:6BmpIy7L0

着替えてパトカーに乗ると、さっきorzしてた子も乗ってた。
ちょっと戸惑ってしまった。

orz娘「ありがとうございました。」
俺「いえ…あの、大丈夫ですか?」
orz娘「ちょっと転びましたけど、大丈夫です」
警官「怪我してるんですか?傷害もつけられますよ」
orz娘「ちょっとだからいいです。」
口調は強かった。

42:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:52:04.13 ID:6BmpIy7L0

俺「いいの?」
orz娘「いいです」
警官「あんなやつに遠慮することはないですよ」
orz娘「いいんです、ちょっと擦り剥いただけだし…フラフラ歩いてる私も悪いんです」
さっきまで泣いてたのにすっかり気を持ち直してるようだった。
女って強いと思った。

44:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:54:13.93 ID:6BmpIy7L0


最近、分かったがorz娘はNHKのアナウンサー「井上あさひ」に似ていた。


以下orz娘→あさひ

52:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 19:10:35.62 ID:luT6Y9k9O

井上あさひ(参考資料)

46:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:55:31.94 ID:6BmpIy7L0

署に着いてから、個室に通された。
たぶん取り調べ室。
なんだか小難しい言い回しで書類を作ってた。
刑事「吉田さんは、○○さんの家の庭に入り…」
俺「えっ、その人知りませんよ」
刑事「これ見て」と地図を出してきた。名前入りの地図だった。
刑事「分かった?」
俺「分かりました。」
刑事「いまは、この家がだれの家か知ってるよね?」
俺「…はい」
書類を簡単に仕上げるために、いろいろ調整しながらやってるのが分かった。
てっとり早く仕上げるために…。

相手は私服だったから刑事と思って書いてます。

47:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:56:35.82 ID:6BmpIy7L0

刑事「こいつ知ってる?」
犯人の免許証を見せてきた。
俺「知りません」
住所はここから5キロぐらい離れた場所だった。
生年月日は昭和30年だった。親父と同じ年だった。
虚しくなった…
白ブリーフを思い出した。

48:名も無き被検体774号+:2011/12/18(日) 18:57:08.99 ID:ij0bYgQE0

白ブリーフェ・・・

49:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 18:58:29.51 ID:6BmpIy7L0

それから、ちょっと休憩をもらえて、トイレに行った。
途中、机やソファーのある場所を通ると、あさひがいた。

警官「ちょっとこのカバンを指さしてください」
あさひは写真を撮られてた。

59:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 22:12:00.41 ID:6BmpIy7L0

俺は、すこし様子を見ていた、バックの中身を調べていた警官が二人で話していた。
中年警官「このDSは幾ら位するものなの?」
若い警官「えっと、2万くらいですかね?でも先輩、これDS liteですよ」
中年警官「おおぅ。これがDS liteか。初めてみるな」
など、会話をしていた。
俺は非日常にいるのに、こいつらにとっては日常なんだと感じた。


解放されたのは朝の5時だった。
俺は、その日も仕事だった。

60:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 22:13:30.02 ID:6BmpIy7L0

解放された駐車場で
刑事「あいつは2~3日のうちに検察に送りますから」
俺「はい」
刑事「今日も仕事なんだって?休めないの?」
俺「お客さんがいますから…」
刑事「相手のあることは仕方ないね。とりあえず気を付けて」
俺「ありがとうございます」

ちょうど、あさひも署から出てきた。

61:吉田 ◆YtFiiqjbeo :2011/12/18(日) 22:14:20.44 ID:6BmpIy7L0

また二人でパトカーで送られた。
俺のアパートの前で停めてくれた。





あさひも同じアパートだった。

スポンサードリンク

続き   長編の話

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

≪この話の目次≫
1  2  3