いろいろあって幸せ

青文字⇒掲示板主(ID:ID:YUFvLaoW0さん)の発言

黒文字⇒掲示板を見ている人の発言

『>>○○』は○○番の発言に対する返答


5:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 10:57:01.12 ID:YUFvLaoW0

ある約束を果たしたので、気持ちの整理も含めて話して行こうと思う。

もう10年近く前の事なので曖昧な箇所はあると思いますが
興味ある人は覗いていってください。

今年26歳になりました。
仕事も充実してるし、2年付き合っている彼女もいます。

先週プロポーズをしてきました。

約束というのは昔付き合っていた彼女の両親との約束です。

「君が誰かを幸せにする日まで、それまでお願いするよ」

6:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 10:57:50.75 ID:YUFvLaoW0

田舎の港町で生まれた俺は、不真面目でいわゆるDQNだった。
田舎なので遊ぶところもなく、毎日ゲーセン行ったり、夜遅くにはナンパ行ったりと
それくらいしかやる事がなかった。
中学2年の冬に、ゲーセンでナンパをしたのが前の彼女です。
当時彼女は高校2年、4つ上で見た目は160cmくらいの細身で俺の理想の顔立ちと完璧だった。
遊びのつもりだったんです、毎日遊びにさそってあわよくば一発やろうと思ってました。
しかし、ガードが硬くなかなか相手にしてもらえませんでした。
やっとのことで誘いにOKしてくれても、行くところは図書館で読書とか
ちょこっとした買い物だったりと正直つまらなかったです。
俺が「カラオケとかいこうよー」と誘っても、「図書館の方が面白いからヤダよ」とあっさり断られ
結局一日を図書館で彼女の隣に座って絵本ばかり読んでいました。
この時すでに何度か付き合って、と告白しているのだが、見事にフられている

7:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 10:59:12.50 ID:YUFvLaoW0

理由は、年の差がイヤだからと言っていた。
この彼女と出会ってからは、DQN仲間とは全然遊ばなくなっていた。
付き合いが悪くなったとか散々言われたけど、どうでもよかった。
そうこうしているうちに中学3年にあがり、彼女も高校3年になり忙しくなっていった。
俺はスポーツ推薦で夏の時点で高校が決まっており、暇を持て余していた。
彼女は少しの暇を見つけて、俺の事を構ってくれていた。
そして、秋になった。
突然彼女から、「今日うちでご飯食べない?両親が会いたんだって」
一瞬、頭が真っ白になった。

9:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:01:49.23 ID:YUFvLaoW0

どういう事だ、別に彼氏でもなんでもないのに会いたいって、やべえ超緊張する。
もちろん大好きな彼女からの誘いなので、了承して彼女と家へと向かった。
着く間に、なんで?とかお父さんどんな人?とか色々聞いたけど、彼女もわかんないって笑ってた。
ここで得た情報は、両親共に学校の教師という事。
教師という人種と元々合わない俺はOKした事を心から後悔した。
家に着いた、大きなドアを開けるといい匂いがして、お母さんが迎えてくれた。
礼儀だけは、小さい頃から叩き込まれていたので、軽く挨拶と自己紹介をした。

11:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:03:48.72 ID:YUFvLaoW0

「は、はははじめまして、1です。彼女さんとは仲良くさささあくぁwせでftgyふじこlp」
派手に噛んだ。
お母さんは、綾子(仮)からよく聞いてますよ、やんちゃな子って聞いてたけど
全然そうは見えないわねって笑ってた。
そのままリビングへ通されると、ソファにお父さんが座ってた。
ちょっと顔怖い。
「お、お邪魔します・・・」
おそるおそると頭を下げるとお父さんは
「ん、なんだ全然普通の子じゃないか!まあ、座りなさい」とソファをポンポンしてる。
一体、綾子は俺の事をなんて言ってたんだろう。

13:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:04:47.34 ID:YUFvLaoW0

綾子は、着替えてくるねと言い残しリビングから居なくなった。
まさに拷問タイムの始まりである。
ソファに座り、小さくなっている俺にお父さんが話しかけてくる
「綾子の彼氏なのか?」
あいや、違います・・・
「ただの友達なのか?」
まあ、はいそうです・・・

台所からお母さんが「お腹空いたでしょう?もう少しでできるから待っててねー。」

18:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:07:02.86 ID:YUFvLaoW0

「高校は決まっているのか?」
あ、一応スポーツやってまして・・・、その推薦貰えたので・・
「おお、たしか柔道だったね!おじさんも昔やってたんだよ!」
あ、そうなんすかww

あとなんかいろいろ質問されたけど忘れた。
綾子が戻ってきて、お母さんの手伝いに行った。
そして食事の準備が終わって、食卓に案内された。
すげえ、超豪華・・・
しかも俺の好きなものばかりだ。

19:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:07:46.94 ID:YUFvLaoW0

ご飯を美味しくいただき、片付けが終わり雑談タイムが始まった。
遊んでいる時の綾子はどうか、とか今までどんな悪いことしてきたのか、とか
まあ普通の雑談だった。
綾子はずっとニコニコしてたのが印象に残ってる。
夜もすっかり遅くなり、そろそろ帰ろうとしたところお父さんが
「1君、今日は泊まって行きなさい、親御さんには私から電話してあげるから」
え?泊まり?wwwwwwいやいやいやいやwwww
それは流石にと断ると
「遠慮なんてするんじゃないよ、一緒に温泉に行こう」
泊まり+温泉すかwwww
綾子は「明日休みだし、いいんじゃない?マリオカートしようよww」とキラキラしてた。
断りきれないと諦めた俺は、もっていたPHSで父親へと電話をして事情を話し、お父さんへと変わり説明してもらった。

20:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:08:28.17 ID:YUFvLaoW0

その日はお父さんと温泉へ行って、遅くまで綾子とゲームをして
お父さんと一緒に寝た。

中学を卒業するまでこういう関係が続いた。
休みの前になると、お父さんから電話が入り、泊まりにおいでよと誘われたり。
綾子と遊んだ帰りはそのまま夕ご飯をご馳走になったり、この頃からもう流石に緊張はなくなっていたし一緒に食器洗ったりとかも平気でしていた。

22:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:08:57.64 ID:2svLM7XG0

ほお

24:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:10:08.44 ID:YUFvLaoW0

綾子は無事第一志望だった大学に受かった。
考えないようにしていたことが、もうすぐそこまできていた。
綾子は、都会の大学を志望していたので、離れてしまう。
別に付き合っていたわけではないのだけれど、淋しい気持ちでいっぱいになってしまうので考えない様にしていた。

そして、綾子の高校卒業の日、俺は新聞配達とお年玉を合わせて、指輪をプレゼントした。
「卒業おめでとう、これ・・・お祝い・・・」
涙目になっていた。
もうすぐ離れてしまう事がイヤだった。

25:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:11:49.29 ID:T+KGcoHu0

>>24の時点で付き合ってたの?

26:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:12:11.75 ID:YUFvLaoW0

>>25
まだ付き合ってなかった


綾子は
「ありがとう、嬉しいよ。それで、1に話があるの」
涙を腕でぬぐって、綾子を見た。
「1の事がずっと好きでした、私と付き合ってください」

顔を真っ赤にして綾子はそう言った。
嬉しい反面離れてしまうのに、綾子はそれでいいの?と聞いたら
「ちゃんと休みは帰ってくるよww浮気もしない、私が真面目なのは知ってるでしょ?ww
だから1も浮気はしないでね?君は不真面目だからねww」
嬉しさのあまり抱きしめてた。

27:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:13:26.27 ID:YUFvLaoW0

そのあと綾子も俺に指輪という名の首輪を買ってくれた。
そしてここで綾子のバージンをいただきました。

それからは綾子が学校始まるまでずっと一緒にいた。

お互い学校が始まったのだが、入学早々俺は先輩DQNに目を付けられ、校舎裏で複数にボコボコにされる。
後日やり返し、学校にバレ一発退学処分となった。
両親には殴られなかったが、綾子の父親に思いっきり殴られた。
「おまえは!なんですぐに俺に言わない!!なんとでもできただろうが!!!」
呼び出され1時間以上説教された。

28:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:13:57.60 ID:JCNugtjJi

DQN wwwwwwwww

30:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:15:44.23 ID:YUFvLaoW0

最後に「やってしまったものは仕方がない、どうするんだ?これから」
「とりあえず・・バイトでもしようと思ってます・・・」
正直なにもかんがえてなかった。
なんて綾子に言い訳しようかとそればかり考えていたからだ。
綾子パパは「それなら綾子のとこにいきなさい、向こうで働けるところを探してやるから、その方が私も安心できる」

32:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:24:40.45 ID:YUFvLaoW0

この時点で、まだ綾子は退学になったことは知らないです。

すぐに返事はしなかった。
そんなことより、綾子になんて説明しようかそればかり考えていた

その日の夜に綾子と電話で話をした

俺「イキナリなんだけどさ・・・」

「聞いてる、早く用意しなさい」

俺「」

39:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:30:02.93 ID:YUFvLaoW0

綾子はすでにおとうさんから聞いていたみたいで
怒られなかった、とにかく早く用意をして
こっちに来いとのことだった。

正直不安だったし、中卒で働くところなんてあるのかわかんないし
先立つお金もなかった。

俺は祖父に頭を下げ、東京までの旅費を出してもらった
祖父は無言で俺にお金の入った封筒を渡し
「なにかあったらすぐに電話をしろ」
と言ってくれた。

42:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:37:59.34 ID:YUFvLaoW0

封筒の中には10万円はいっていた。
うはwwwww金持ちきたこれwwww
スカイメイトを取得して、片道羽田までの航空券をとった。

出発の前の日、綾子のお父さんと話をした。

「おまえはこれから大変だぞ、覚悟はあるのか?」

俺「すいません、まだわからないです・・・」

「勉強はいつでもできる、なんなら俺や母さんが教えてやることもできる
だけどな、高校生活というものはもう二度と体験はできないんだからな」

余談だが、綾子のおとうさんは俺の高校に退学をなんとか取り消してもらえないか
かけあってくれていたらしい

43:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:38:56.73 ID:JCNugtjJi

お父△

46:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:46:56.91 ID:YUFvLaoW0

空港まで、綾子のお父さんとお母さんが送ってくれた
出発直前、綾子のお母さんがお弁当を渡してくれた
お父さんは「綾子のこと頼むな、なにかあったらすぐに連絡しろよ」
そう言ってくれた。

飛行機の中で弁当を食べた
全部俺の好きなものだった
涙が出た

47:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:48:12.93 ID:YUFvLaoW0

思い出すとちょっと泣けてきた

このあと上京編です。

いったん区切って、質問などあれば答えます
とくになければ続きを書きます

48:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:49:29.96 ID:JCNugtjJi

>>47
なんで先輩にやられたん?

49:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:50:47.86 ID:YUFvLaoW0

>>48
田舎のDQNはちょっと目立つとこうなるんです
あと、同級生が俺に彼女がいるってことを言ったから?みたいな感じです

50:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:53:00.76 ID:y7KhvrP60

>2年付き合っている彼女
結婚する相手は綾子じゃないってこと?

51:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:53:59.20 ID:YUFvLaoW0

>>50
綾子じゃないです

52:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:54:06.88 ID:kCV0Xy4G0

なんかすでに泣いてしまいそうだ

55:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 11:56:08.18 ID:Rbrpqt130

この先を読むのが辛いぉ

57:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 12:00:08.28 ID:YUFvLaoW0

じゃあ続き行きます

羽田空港についた俺は、まず人の多さに唖然とした
平日なのにみんなどこいくんだよ・・・
そんな第一印象だった。

綾子と待ち合わせをしていたので、空港の掲示板をたよりに目的地まで行くのだが
迷いに迷って、目的地についたのは到着から40分後ぐらいだった

59:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 12:06:36.54 ID:YUFvLaoW0

しばらくぶりに会う綾子はすこし垢抜けたような
都会の女の子になっていた。

綾子「おそいよ、もうすこしで帰ろうかとおもった!」

「ごめん、人多くて迷ったよ・・・」

途端、綾子は泣き出した。

てんぱる俺

周りの人はチラ見していくだけ

「いきなりどしたん・・・」

綾子「淋しかったんだよ・・・」

泣き止む気配がなく、ちかくの椅子に座ってなだめ続けた

61:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 12:12:49.25 ID:/aSlk8VHP

せつね~

62:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 12:16:08.24 ID:YUFvLaoW0

ようやっと泣き止み、電車?モノレール?
にのって綾子の住む地域へ

家につくまでの間、俺は説教タイムを受けていた。

なぜ我慢できなかったのか
なんですぐにお父さんに相談しなかったのか

65:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 13:02:01.55 ID:iOpIL8QY0

ん?
>>1の親は空港にこなかったの?

68:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 13:21:54.24 ID:YUFvLaoW0

>>65
きませんでした

70:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 13:28:41.39 ID:YUFvLaoW0

説教タイムを経て綾子の家についた。

終始俺は謝ってばかりいた、そんなことより綾子に会えたことのほうがうれしくて
あんまり聞いてなかったんだけどね

1LDKの小綺麗な部屋だった。

その日の、疲れていたので夜ご飯は祖父からもらったお金で
焼肉を食べに行った。
帰ってきて、少しまったりしたあとふたりでベッドに入った。
そして寝ながらこれからについて少し話をした。

71:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 13:35:51.38 ID:/aSlk8VHP

読みたいような読みたくないような・・・

73:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 13:41:07.81 ID:63DnJVMJ0

綾子どうなってしまうん?(´・ω・`)

74:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 13:41:08.25 ID:YUFvLaoW0

まったくのノープランだった俺は不安しかないこと
学校をやめたくなかったこと
両親が俺に無関心なこと
いろんなことを綾子に話した。

綾子は

うん、そうだね
つらかったね
もう大丈夫だよ

などと慰めてくれていた

76:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 13:43:18.51 ID:iOpIL8QY0

先が怖い

77:名も無き被検体774号+:2012/03/05(月) 13:46:38.28 ID:YUFvLaoW0

その日は泣きつかれて、たぶん俺が先に寝た
夜中に目が覚めて、目を開けると綾子はとなりでずっと俺の頭を撫でてくれていた

起きてたの?そう聞くと綾子は

「たまたま目が覚めただけだよ、疲れてるんだから寝なさい」

そのまま眠りに落ちていった

起きたのは昼過ぎだった。
綾子も姿はなく、テーブルの上に手紙があった。

冷蔵庫に朝ごはんはいってるから、食べてね
あとパパが電話してだってさ、いってきます。
帰りは夕方くらいになるからね。

冷蔵庫のご飯を食べてお父さんに電話をした

スポンサードリンク

続き   長編の話

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

≪この話の目次≫
1  2  3  4