>>5が自分の人生語るってよ

青文字⇒掲示板主(ID:DBPwjHtc0さん)の発言

黒文字⇒掲示板を見ている人の発言

『>>○○』は○○番の発言に対する返答


1:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:36:40.02 ID:RfeZiM0z0

まあテキトーに頼むわ

2:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:38:01.06 ID:FmGpaXVn0

ksk

5:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:39:59.33 ID:DBPwjHtc0

ksk

6:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:40:42.11 ID:P63h9GP/0

頼むぜ
ID:DBPwjHtc0

7:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:41:27.29 ID:DBPwjHtc0

マジかよ踏むとは思わなかった

人生…人生…か
こんな落ちこぼれの俺の話だけど聞いてくれるか?

8:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:42:21.22 ID:FmGpaXVn0

>>7
期待してる、聞きたい

13:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:47:28.93 ID:DBPwjHtc0

ありがとう、んじゃ慣れないけどやってみるわ。

スペック
現在底辺大学生男
容姿は不細工だな

今でこそどうしようもない俺なんだが
俺は中学の時は成績が良かった
田舎の中学だったんだが、その中で常にテストは3番以内に入っていた

15:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:50:02.88 ID:DBPwjHtc0

俺は中学が大好きだ
友達も、先生も、風土も、全てが大好きだった
今で言ういじめとかとは到底無縁。
思い出補正ってやつかもしれないな、でも好きだった

中学の頃は「優等生」として扱われていたから
教師の信頼も厚かったし、友達からも頼りにされてた

16:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:53:14.96 ID:DBPwjHtc0

毎日がキラキラしていたな
絵に描いた青春だったかもしれない
ただブサメンだったから恋愛は上手くいかず失恋続き
でも、人を好きになってフラれるってのも若気の至り。
それすらも楽しかったことのように思える

中3の受験期になると、俺は先生たちに県で一番の進学校への受験を薦められた
ものすごく期待されていたし、俺もそれに応えたかった
だから俺は進学校への受験を決意して、毎日頑張ったよ

17:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:56:58.19 ID:DBPwjHtc0

そして俺は進学校に合格した
学校の先生も友達も、みんな祝ってくれた
「お前が◯◯高に行くなんてすごいな!!」
「先生も嬉しい。おめでとう」

まさか自分でも受かるとは思っていなかった
〇〇高に行ってる、と言えばちょっとした自慢になるくらいなんだ
それほどの快挙だった
人生の頂点だったと思う。

18:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 02:58:08.31 ID:DBPwjHtc0

でもこの高校への入学が
俺の人生を大きく狂わせるきっかけだったんだ
今でもどうしてここに行ったんだって後悔してる
自分がいけないんだけど、もっと真剣に色々考えていれば…って今でも思う

21:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:00:41.86 ID:DBPwjHtc0

高校内でも成績順にクラス分けがされていて
入試の成績が良かった俺は一番いいクラスになってしまった
最初こそ鼻が高かった

「〇〇高で一番上のクラスよ」って自慢してまわったもんだ
でも、俺の高校生活は徐々に崩れていくんだよね

22:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:04:06.24 ID:DBPwjHtc0

まず、話の合う奴がいなかった
そもそも運動部に所属している奴もほとんどおらず
中学3年間運動部だった俺は愕然とした
しかも学校の方針で部活にあまり力を入れていない

勉強の方も、中学時代は塾に頼って自学習の習慣が全く無かった俺は
あっという間に遅れをとっていった

24:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:06:30.26 ID:DBPwjHtc0

高校一年のくせして周りはみな「勉強第一」「受験第一」
遊びに誘っても誰ものってこない
一緒に自転車を並べて帰る奴すらいない!

5月を過ぎても友達と呼べる友達すらできず
俺は高校生活の現実に絶望していた

26:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:10:40.25 ID:DBPwjHtc0

おかしい、思い描いていた高校生活はこんなんじゃない
恋愛フラグどころか、友達と呼べる奴すらできないなんて…

そして魔の行事、中間試験がやってくるわけなんだが
俺はなんとケツから二番目の成績をとるwww
一番上のクラスの奴がほぼ最下位、この状況はよっぽどの事だったらしく
職員室に呼び出されて教頭に小一時間説教された

28:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:13:38.67 ID:DBPwjHtc0

この中間事件以来、先生たちも俺に対する態度が変わる
「あいつはダメだ」「もうあいつはいいや」
そんな心が透けて見えるようだった

宿題を忘れてこようが何のお咎めもなくなり
分からないことがあって授業後に質問しても異常に素っ気なく振舞われたり
あれ、俺なんでここにいるんだろ?って気持ちが込み上げてきた

30:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:15:14.09 ID:P63h9GP/0

>>28
オレの高校時代思いだして泣けてきた

31:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:17:04.61 ID:DBPwjHtc0

見てくれている人、ありがとう。続けるぜ

子供心に「見放された」事がとてもショックだった
教師と言えど大人、大人に必要とされない俺。
よくテレビにいる「もっとがんばろうぜ!俺が見てやる!」
なんて言う先生は一人ったりともいなかった

「お前がやる気ないならそれでいいよ。他は優秀だから」
そんな先生しかこの時はいなかった

32:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:20:18.26 ID:DBPwjHtc0

それでもこの時はまだ挫けなかった
プライドもあったし、かすかな希望に懸けていた
俺だって勉強して、先生に認めてもらいたい、いい成績を取りたいって思ってた

だから教室にいながらにして「ほぼいないもの」にされながらも
必死で授業に食らいついたし、負けるもんかって気持ちだった
正直苦しかった

33:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:22:03.95 ID:ypvRcBqt0

いきなりこんな語れるもんかすごいな

35:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:25:59.88 ID:DBPwjHtc0

>>33
今年で大学卒業なんだ俺。
単位も取り終わってやることなくて毎日昔のことばっか思い出しててな
なんつーか、難しいもんだ

34:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:24:21.75 ID:DBPwjHtc0

相談する相手もいなかった
高校には無論友達がいなかったし
中学の友達には、見栄があって学校のことを相談できない
連絡があっても「勉強とか余裕っしょ。高校楽しいぜ」みたいに嘘をついていたんだ

そんな風に言うと中学の友達は「やっぱお前はすげえな~」
とか言ってきて
俺の中で見えない不安がどんどん積み重なっていった

37:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:30:43.20 ID:DBPwjHtc0

俺は夏の期末試験に向けて必死に頑張った
この時は一番辛い時期だったかもしれない
新しい環境にも慣れきれてないのに
毎日先が見えない勉強をずっとして…

そして夏、期末試験が訪れる
今度は真面目に頑張った
きっと前回のようにはならないだろう、と自信を持って臨んだ
もう晒し者にされるのは勘弁だったからね

39:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:34:45.70 ID:DBPwjHtc0

結果から言うと、理系科目がほぼ赤点だった
前回ほど悪くないにはしろ、クラスではぶっちぎりの最下位
答案を返される時、周りの目が怖くて体がめっちゃ熱くなった

また先生になんか言われる…
と思ったが
何もなし。まったく何も言われなかった

40:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:36:46.85 ID:P63h9GP/0

>>39
とことん冷たい先生だな

41:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:38:11.87 ID:DBPwjHtc0

俺は怖くなった
もう誰も何も言ってくれないんだ
先生には俺は「クズ」に見えてるんだろうか
クラスメートが俺が平均をとれなかった科目のことを「簡単だったよなー」と話している

こんな状況が初めてで、もうどうしていいか分からなくなった
「俺は実は馬鹿だったんじゃないのか?」
そんなことを思い始めた

43:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:42:14.12 ID:DBPwjHtc0

もう勉強なんていいわ、学校なんていい
俺はきっと他にやりたいことがあるんだ
そんな事を考えて逃避していたけど
「やりたいこと」なんてまだ何も見つかってなくて
期末試験のあと、俺は帰り道に一人で自転車に乗りながら泣いた

惨めすぎて親にも何も言えなかった
この高校に入った時、泣いて喜んでくれた親に
学校がもう嫌だなんて、言えるはずがなかった

45:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:44:55.23 ID:ID0lBpaQ0

みてるよ
辛かったな…

47:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:46:57.96 ID:DBPwjHtc0

期末試験のあと、夏休みになった
夏休み、やったーーーー!!
と健全な高校生ではなるところだが
課題の量が尋常ではなかった

数学はいわゆるチャート式というものの問題が100近く
英語が入試過去問の長文や文法の参考書…その他の科目もだ

宿題はまだ良かった
どうせ俺はやっていかなくても溜め息をつかれるだけだ

48:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:50:35.43 ID:DBPwjHtc0

期末試験の成績が芳しくなかった俺には、補習が待っていた
せっかくの夏休みだというのに
暑い中自転車を走らせて学校に行かなくてはならない

俺はそれが心底嫌だった
夏休みのあいだくらい学校のことなんか忘れていたかった
あの重々しい雰囲気の教室に行くのが嫌で仕方なかった

51:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 03:55:07.89 ID:DBPwjHtc0

でもこの補習は俺にとっての大きな転機だった

世間の同世代の学生は夏休みに浮かれる最中
俺はブツブツ文句を言いながら自転車で学校に向かう
駐輪場に自転車を止めると、いつもより静かな学校
心なしか普段の重い雰囲気がなく、休日の学校はいいもんだって思えた

54:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 04:02:59.57 ID:DBPwjHtc0

補習の教室に入ると、やけに和やかな雰囲気
普段の授業と雲泥の差だった
言ってみればここは「落ちこぼれ」の集まりなんだよな、と思うと気が楽だった

最初こそ嫌で仕方なかった補習だったが
寝ていたり、外の景色を眺めていても特に怒られない空気で
この学校にもこういう一面はあるんだな~って思えて逆に嬉しかった

57:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 04:08:02.97 ID:P63h9GP/0

>>54
いいな

56:名も無き被検体774号+:2012/12/17(月) 04:07:35.52 ID:DBPwjHtc0

とは言え一番上のクラスから補習者が出てるということが恥ずかしくて
なかなか他の人に話しかけられずにいた

補習がひと通り終わって帰ろうと思って駐輪場にいると
一人の男に話しかけられた
補習中、俺の隣の席で終始PSPをやっていた奴だ

スポンサードリンク

続き   長編の話

PR:「訳あり」アイテム

≪この話の目次≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11