クズな俺でも夢を持った

青文字⇒掲示板主(ID:pAAX5QQj0さん)の発言

黒文字⇒掲示板を見ている人の発言

『>>○○』は○○番の発言に対する返答


1:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:28:21.07 ID:pAAX5QQj0

大学時代、就活に失敗。
そのまま卒業し公務員になろうと考えたが
上手くいくはずもなく、一年以上にわたり引きこもり生活を続けてた

そんな俺の話だが暇つぶしにでも聞いてくれ

2:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:28:58.75 ID:pAAX5QQj0

毎日午後4時くらいに起床。
起きてまず電気ケトルでお湯をわかしテキトーにカップ麺を食べる
そんでもって薄暗い部屋でパソコンに向かうだけ

それの繰り返し
たまに週間の雑誌を買いにコンビニ行くくらい
本当にクズな生活を繰り返していた

3:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:30:36.21 ID:pAAX5QQj0

別にコミュ障というわけでもなく
普通に友達もいてゼミもやって、バンドなんかも組んでたんだ
楽しく大学時代を過ごしたんだけど
就活は本当に厳しかった

内定もらえなくて、安易に公務員だ、と考えたが
それが間違いだった
大学4年の秋くらいからバイトもしつつ勉強も始めたが
それも最初のうちだけだった

4:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:30:39.51 ID:ap2/KwY10

みてるよ

5:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:31:31.42 ID:pAAX5QQj0

俺みたいなやつって案外結構いるんじゃないか
大学時代就職できなくて
まあ来年でいっか、って言ってうっかり卒業しちゃって
為す術なくなってひきこもりかフリーターになっちゃうヤツ

まあ俺の場合バイトしてたのも最初のうちだけで
あとは家に篭もってたから本当のクズなんだけどな

6:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:32:37.63 ID:pAAX5QQj0

大学卒業したあとの4月ころは
まだ公務員勉強とかそれなりにはやってた
でも普通に試験落ちまくって
マジで落ち込んだ

まわりの友達は「大変だー」と言いつつも
新しい世界、環境で、堂々と働いている
そう思った瞬間、俺は本当になにもやる気がなくなった

7:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:33:48.30 ID:pAAX5QQj0

そこからはマジでクズの日々
親には公務員勉強すると言っていたが

そんなものするわけもなく
毎日朝寝て夕方に起きる生活

次の年の春、24歳の誕生日を迎えた時
俺はいつも通り午後4時に起きて
ヒゲボーボーの顔をして家で独りでパソコンをいじってた
「ああ、俺の人生は詰んだんだ」ってなんとなく悟った

8:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:35:13.03 ID:/8ONhWbx0

そういえばずっと思ってたんだけど、ゼミって何?

11:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:36:49.44 ID:pAAX5QQj0

>>8
大学3年くらいになると、教授のもとに何人か集まって
同じテーマの元で研究するんだ
中高で言う、ホームルームのようなものと思ってもらってもいいかな

9:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:35:23.38 ID:pAAX5QQj0

俺だって好きでこうなったわけじゃない
焦りや不安、当然あった

周りの友達はみんな真面目に働いて
辛いながらもしっかり未来を見据えているのだろう
そう思うと吐き気が止まらなくて

必死に必死に現実を見ないようにしていた
毎日親の突き刺さるような視線が痛かった

12:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:37:29.41 ID:pAAX5QQj0

「明日は頑張ろう」
毎日そう思って眠りにつくけど
目覚めれば日が傾いていて何もかも嫌になる

そしてまたパソコンに夢中になって現実逃避
こーんな日々を大学卒業してから続けてたんだ
笑えてくるだろ?

13:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:38:26.47 ID:F4M256ed0

わかるぞ・・・わかるぞ・・・

14:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:39:13.15 ID:pAAX5QQj0

24歳になって少し経った5月頃
「こんなことなら、いっそのこと少し旅にでも出てみようかな」
という考えがよぎった
久しくコンビニ以外に出かけていなかったし
それもアリだな、なんてがらでもないことを考えた

本当に唐突な事だったが
そう思い浮かぶと、途端にワクワクし始める
色々と忘れられるし、家にいるよりずっと精神衛生にも良さそうに思えた

15:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:41:38.54 ID:pAAX5QQj0

何より、知らない人ばっかりのところに行きたかった
家にいると親の視線が痛くて仕方ない
申し訳なくて、後ろめたい気持ちもあったから尚更だった

思い立ったらすぐ始めないと辞めてしまう、と思い
その日の翌日には出かけることにした

そしてすぐに準備を始めた
携帯と財布に、煙草と缶コーヒー…
荷物は最低限に抑えることにした

16:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:42:34.74 ID:tHhmySkD0

ほう
ワクワクしてきた

18: 【Dliveetv1347375601300903】 本日の利用料 9,273円 :2013/03/27(水) 17:47:03.61 ID:oE1y95zD0

一人旅好きには気になるスレだな

19:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:50:58.27 ID:pAAX5QQj0

缶コーヒーなんて普段飲むわけでもないが、ちょうど家にあって
少し気取ったつもりで持って行こうと思った

パソコンで時刻表とかチェックしちゃって、久しぶりにワクワクしたな
その日の夜は「明日は予定があるな」って思うと
嘘のように穏やかに眠れた

「明日やることがある」
これって、実は本当に大事なことだったんだな

22:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:52:17.74 ID:JJvmCAFm0

>>19
生活に張りが出るよな
ちょっとした緊張が刺激になる

20:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:51:54.49 ID:pAAX5QQj0

次の日起きると、まだ太陽が低い位置にあって
これだけのことでなんか凄く晴れがましい気持ちになった

とは言え、9時をまわった辺りの時間だったので親は既にいなかった
俺はテキトーにお茶漬けをかきこんで出かける準備を進めた

とりあえずは、近所の在来線に乗っていけるとこまで行く心づもりだった
しばらく家をあける気もしたから
台所にあったブロックメモに
「東京の旧友に会いにいくのでしばらく帰らない」
という旨のメモを残しておいた

23:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:52:48.43 ID:pAAX5QQj0

もちろんそんなメモは嘘で
俺に会いにいくような友達もいない

そのまま家を出ると
まだ「午前中」って感じの賑やかさが街を包んでる気がして
とても新鮮に見えた

俺はよっぽど家を出てなかったんだな…ってつくづく実感した

24:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 17:55:18.98 ID:pAAX5QQj0

最寄り駅に着くと
時間帯もあってか人は少なかった
まあ田舎の駅だし、こんなハンパな時間に電車を使う人もいなかったのだろう

駅の横に作られた喫煙スペースみたいなとこで一服して、
次に来る電車を待った
行き先などは特に決めて無く、次に来た電車に乗ろうと考えていた

25:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:01:06.09 ID:pAAX5QQj0

そして、駅に入り、電光掲示板で次に来る電車を確認
そのホームに行ってしばらく突っ立っていると
電車がやってきた

この時、偶然この電車に乗ったことで
俺の人生は変わった

もし違う時間なら、違う路線なら、違う方向なら、と今でも思う。

26:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:01:40.02 ID:pAAX5QQj0

俺はそのまま電車に乗って、しばらく揺れていた
なんのことはない、フツーの電車のフツーの車内。

ついに旅に出た…と胸が高ぶっていたのも最初のうちだけ
揺られている間に眠くなり
俺は眠ってしまった 電車の揺れって気持ちいいもんな

28:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:13:39.53 ID:aJmhOC800

何があったんだ……

30:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:14:14.27 ID:pAAX5QQj0

目が覚めて時計を見ると
一時間半近く経過していた
けっこう遠くまできたな…って思って
次の駅で降りることにする

そこは、地名は聞いたことがあったが初めて降りる駅で
下りて駅の看板を見た瞬間に一気にワクワクが込み上げた

31:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:15:13.20 ID:pAAX5QQj0

高原のようなところでそれなりに観光客もいるっぽくて
一気に自分の知らない世界に来たかのような感覚になった

もうお昼もまわっていい時間だったので
俺はテキトーにコンビニを見つけて昼飯をすませ
とにかく歩いて色々見てみることにした

32:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:17:42.02 ID:pAAX5QQj0

陽が傾き始めるまで色々まわってみたが
お洒落な喫茶店や、〇〇作り体験工房のようなものばかりで
まわればまわるほど俺とは無縁の場所に思えた

賑やかで楽しそうなのは結構なことだが
なんだかとても寂しい気持ちになった
そういうのを見ていると、あとすこしで
「俺に何してんだろう」って気持ちになってしまいそうで
旅に出た決意やワクワクがなくなりそうだった

34:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:21:19.47 ID:tHhmySkD0

>>32
ワクワクするのも、次の瞬間冷めてるのも、痛いほど分かる

35:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:22:09.48 ID:pAAX5QQj0

人通りの少ない外れた道を選んで
ゆっくり自然でも堪能して帰ろうか、と思って
少し道を下っていった

山側の斜面には草や木々が生えていて
人通りもあまりなくて、良い感じだなぁ~と浸りながら歩いていた
道を下り続けると割とひらけた場所に出て
ポツポツと民家があるのが目に入った

36:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:23:38.88 ID:pAAX5QQj0

夕焼けの強い日差しが俺を突いて、
正直もう歩き疲れもあったしで、どこかで休みたくて仕方なかった

ひらけた道を歩いていると、途中「民宿〇〇」と書かれた
薄汚れた看板が目に入った
割としっかりした感じの建物があり、敷地の中に駐車場があった

いかにも田舎の宿って感じで俺は一瞬で心を奪われた
こういう所に来たかったんだ

38:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:25:05.14 ID:pAAX5QQj0

俺はさっそくその敷地に入り
恐る恐る玄関を開けた
引き戸?っていうのかな、ガラガラ…って開けるやつ。

玄関を開けると脇に水槽があって、ジュースの自販機があった
番台のようなところに
「厨房にいます。御用の方は呼び鈴を鳴らしてください」
と書かれていた

39:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:29:14.07 ID:pAAX5QQj0

俺はいそいそと靴を脱いであがり
番台の上にあった呼び鈴を鳴らした

すると奥のほうから初老の女性が出てきて
「こんにちはー」と愛想よく言った
俺は「今日泊まれますか?」と聞いた

「宿泊ですね、大丈夫ですよ」と笑顔で応えてくれた
手続きを済ませると部屋の鍵を渡された

40:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:32:10.33 ID:kjB2SYWn0

俺も現在進行形でニート
引きこもりが生まれ変わる姿を見てみたい
支援

42:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:42:33.08 ID:pAAX5QQj0

そこで軽い世間話になって
若く見られたのか
「学生さんですかー?」とか聞かれたので
「今年で24ですよw」とか言ってはぐらかした

でもとても雰囲気の良い方で
この宿見つけてよかったなあって思った

部屋が3階だったので、しばらく部屋で外眺めたりしてマッタリして
頃合いを見て大浴場?のような所に行ってひとっ風呂浴びた
なんだかんだでけっこう堪能していた

43:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:44:37.19 ID:pAAX5QQj0

風呂出てぼーっとしてたら8時前くらいになってて
そういや夕飯食ってねえな、と思い

一階の受付へ行った
するとさっきの女将さんが出てきて
「あ、そういえばお夕飯の案内するの忘れてました…ごめんなさい」と言ってきた
どうやら夕飯は18時~食堂だったらしく、他のお客さんは食べた後だったようだ

俺は「いえいえ今からは申し訳ないんで」と言ったのだが
平謝りされ、俺だけ食堂に案内され遅れて夕飯をいただくことに

46:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:52:46.66 ID:pAAX5QQj0

食事の時間が終わった食堂は
ほのかに夕飯の香りが残っていたけどガランとしていた

俺が椅子に座ると
すみにあるソファに座ってテレビを見ていた親父さんが近づいてきて
女将さんと何やら話していた

そして俺の斜め前に「よっこらせ」と言って座った

47:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:54:00.86 ID:pAAX5QQj0

女将さんは奥の厨房でなにやらいそいそと準備をしていて
親父さんは俺の方を見て優しく笑った

親父さん「こちらのミスで、どうもすいません」
俺「いえいえ、遅かったこっちも悪いんですw」

親父さん「ビールでも飲みますか?」
と言って脇にあった冷蔵庫からビール瓶をとり出し始めた
「お言葉に甘えてw」と言って俺も差し出されたグラスを受け取る

48:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:55:16.83 ID:pAAX5QQj0

「乾杯!」と言ってカチンとグラスをぶつけた
この親父さんもとても人当たりのイイ人で、話しやすかった

そうしてるうちにご飯が運ばれてきて
テーブルの上はたちまち暖かい食卓と化した

親父さん「今日は一人で?」
俺「はい、気晴らしにw」
親父さん「さっき家内に24と聞いたけどまだ若いよね、お休み?」
と聞かれた
すると立って仕事をしてる女将さんも
「若いよねーw」と声をかけてきた

49:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 18:56:19.07 ID:pAAX5QQj0

こうなったらもう言ったれ、と思った
どうせ旅の出会い、もう会うこともないし

「あー…なんというか、自分仕事はしてないんです。
フリーターでもなくて…ニートみたいな…」

きっとこんな事を言ったらどんびかれるし変なヤツに思われるだろうなぁ
と半ば諦めも含めて覚悟していた

51:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 19:01:49.56 ID:EJA3VIHR0

色々わかるぞ
私も今じゃ社畜だけど、お出掛けは楽しい

52:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 19:02:40.54 ID:pAAX5QQj0

ところが親父さんの反応はあっさりしていた
「そうなんだ」と言って笑ってみせた

親父さん「色々大変な世の中だもんなぁ、若い人は辛そうだよ」
と言って優しく笑って「ビールつぐよ」と言ってくれた
俺はかなりの決心で言ったのだが全然態度を変えることなく
驚いた、驚いたし何より嬉しかった

53:名も無き被検体774号+:2013/03/27(水) 19:05:01.24 ID:pAAX5QQj0

そのあと女将さんも立ちながら話に参加していた
親父さん「それでここまで一人旅か、いいことじゃないかうんうん」
と言ってニコニコした
女将さんも、「このへんは馬鹿みたいに広くて自然があるだけだよねーw」
と言って笑っていた

俺は本当に心を打たれた
今まで自分にとって決して向き合いたくないレッテルだった「ニート」「ひきこもり」というものを
こんなにも暖かく受け入れてくれるなんて

スポンサードリンク

続き   長編の話

PR:学生でもクレジットカードを作成できる?
学生カード

≪この話の目次≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9