猿を騙して竜宮城に連れ帰った亀と鮫

カテゴリー: その他
http://omoshiroi-hanashi.com/other/11902.html

578:本当にあった怖い名無し:2009/03/15(日) 18:11:04 ID:TT+WcdxM0

「猿の生き肝」

昔、竜宮城の竜神の奥方が病になり、日を追うごとに悪くなった。
竜神は海中の魚を呼び集め、妻の病に効く薬を知らないか尋ねた。
メ―バイという物知りの魚が進み出た。
「奥方様の病には猿の生き肝が何よりで御座います」
使いとして亀と鮫が選ばれた。

猿が島では、のんびりと猿が柿の木に登り、実を食べていた。
亀が話しかけた。「お猿さん、その柿の実は美味しいけれど、私どもがお仕えしている竜宮には、その千倍も美味しい木の実がありますよ」
鮫も話しかけた。「ああ、そうだよ。それはそれは美味しくて、ほっぺたが落ちるような木の実だよ」
猿はそんなにも美味しい木の実の話を聞かされて、食べたくて仕方がなくなった。

スポンサードリンク

「そんなに美味しいのなら、是非食べてみたいものだ。どうだろう、自分を竜宮に連れてってくれないか?」
亀と鮫は猿を背中に乗せ、(しめしめ、うまくいった)と力の限り竜宮に急ぎました。
竜宮城の門をくぐったところで、門番のタコが呟いた。
(やれやれ気の毒に。生き肝を取られるとも知らないで)

猿は慌てて、亀と鮫に云った。
「おやおや、自分の生き肝がいるのだったら、なぜもっと早く云ってくれないのです」
え、と訝る亀と鮫に「今日は天気が良かったので、生き肝は柿の木の枝につるして干してあるのです」
生き肝を持っていないのではしょうがない、と亀と鮫は猿を元の島に送り届けました。

そして「お猿さん、早く、早く、竜王さまがお待ちかねですよ。早く生き肝を採ってきてください」
と代わる代わる呼びかけた。
猿はスルスルと柿の木のてっぺんまで登ると
「生き肝はやれないよ。これでも喰らえ」と大きな石を亀と鮫に向かって投げつけた。

石は亀の甲羅にぶつかり、沢山のひびが入った。
亀の甲羅がひびだらけなのはそれ以来だ。
鮫の頭もその時ぶつけられた石のために平べったくなった。
門番のタコは余計な口を利いた罪で、竜宮の魚たちから寄ってたかって臼に入れられ、体中の骨がクニャクニャになるまで挽かれた。
アバサーがハリセンボンと呼ばれるほど体中骨だらけなのは、その時タコから取り上げた骨を身につけているからだと云う。

 沖縄県八重山郡波照間島の昔話より

みんなの反応

1:面白い名無し:2015/02/17 23:54:09

ハリセンボン、、、お前はどこからあらわれた!

2:面白い名無し:2015/02/18 0:24:12

後付け物語だけどこういう昔話好き

3:面白い名無し:2015/02/18 2:33:25

やっぱり竜宮城では亀が使者の役割をするんだな。

ところかわっても、物語が別の物語でも、共通事項を見つけて
分析(妄想)していくのは面白いね

4:面白い名無し:2015/02/18 3:07:44

所変われば品変わる だな
俺が聞いたのは 亀のくだりはそのままだが鮫は出てこない
余計な事言った門番はタコでなくクラゲで
罰として骨を抜き取られた と聞いた@静岡

5:面白い名無し:2015/02/19 0:33:48

こういう民間伝承好きだなぁ。文化としても面白いけど、たまにぞっとするほど科学的調査と一致していたりするのがなんとも

6:面白い名無し:2015/02/19 2:25:37

よくまとめたなぁ、と関心してます。
ただ「メーバイ」より「ミーバイ」の方が発音は近いですね。
アカハタ(ヤイトハタ)の一種ですが、これが美味いの何のって!
失礼しました。

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)