スポンサードリンク

面白い話

日替わり記事

記事一覧

割り込みしたオバサンを注意したことに後悔はしてない

カテゴリー: ビックリする話

837:1/3:2009/06/02(火) 00:29:34 ID:dDqk1MeV

とりあえずかなり長い話なので、読むの面倒な人はスルーしてください。

ついこの間の出来事。
俺の勤め先は、地方にあるスーパー業務を主とする結構大きめの会社だった。
4月に入り、近くに競合店が出来るっていうんで、毎日何かしらのイベントを催して客数を減らさないようにしてたんだ。

続きを読む

バイクでド田舎にツーリングしたときのこと

カテゴリー: 怖い話

俺は少し気が病んでて夜中原因が解らない鬱状態に陥ることがあるんだけど、そんな時はバイクに乗って自分が全く把握してないような土地に行くんだよね。
どうせ眠れないし、最初は家からそれ程離れてないような所に行って朝が来るのを待ってたんだけど、回数が増えるにつれて段々遠出するようになっていった。

そんな日々が続いたある時、最早日課となったそれを実行した。
人通りがそこそこある道路に飽きてた俺はこれまでと趣向を変えて山間部を目指した。
特に方向に拘らず闇雲にバイクを走らせると数時間後ぽつぽつと民家が伺え、山沿いに位置するようなるようなド田舎に到着した。

名前が付いているのかどうかわからないような微妙な山だったけどね。
この日はひたすら遠出する予定で早目に家を出たから、この時点で日付が変わって間もないくらいの時刻。

続きを読む

怖そうで怖くない話~じいさんはどこだ!~

カテゴリー: 笑える話

長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。

すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする。
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが、ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。

続きを読む

マクドナルドで自分の子供にポテト乞食をさせていたバカ親

カテゴリー: すっきりする話

668:おさかなくわえた名無しさん:2013/06/07(金) 14:21:35.43 ID:EOr4/G6Y

マックに行ったら3~4歳くらいの男の子が各席を回りポテトをおねだりしてた。
あげないと勝手に取るしずっといるからみんな、かわいいから、じゃなくて「はやくどっか行け」と言う意味で1本あげていた。

たまに水分補給に両親のところに帰ってたけど親はちゃんとセットを頼んでる。
でも子供にはポテト1本たりともあげない。(水分補給も水筒だった)
水分補給が終わると親が「また貰ってきな」と追いやる。

続きを読む

スポンサードリンク