阪神淡路大震災の記憶。「あの時ああしていれば・・・」

カテゴリー: 切ない話
http://omoshiroi-hanashi.com/setsunai/11439.html

567:東灘区元在住:2001/10/25 23:24 ID:50APqtfb

当時神戸の大学に通ってて学校近くの二階建ての木造アパートの一階に
住んでた。
ちょうどセンター試験で大学が休みで研究室にも行けなかったので前の日まで彼女(OLだった)とスキーに行ってた。

で、アパートに帰ってきて彼女の家まで送っていこうと思ったら。
「疲れたし、泊まっていく」と言いだしたのでそのまま二人で並んで寝てた。

スポンサードリンク

そしたら何がなんだかわからないうちに天井が崩れ落ちてきて生き埋めになった。
身動きはとれなかったが手を伸ばしたら彼女の手があって、彼女の手を握って「地震みたいやね」「きっと助かるよ」って話をしていた。

「助かったら何が食べたい」とか「助かったらどこに行きたい」とか話してて
最後には「助かったら結婚しよう」って話になってた。
ところが何時間経ったかわからないけど彼女が突如苦しみだして力が抜けていくのがわかった。俺は何も出来ずに叫ぶだけだった。

でも、彼女の苦しんでる時間はそう長くなかったと思う。
だんだん冷たくなっていく手を握りながらずっと叫んでたと思う。
そこから後のことは全然覚えてないんだけど夕方6時くらいに助け出されたらしい。

あの日彼女を家に帰していればいまごろはどうなってただろう、と思うと鬱になる。
もしかしたら結婚してたかもしれないが、恐らく普通に別れて忘れてしまってるかもしれない。
でも、彼女は今も元気に生きているんだろうなと思う。子供もいて幸せに暮らしてるかもしれない。

みんなの反応

1:面白い名無し:2015/01/18 1:41:36

なんで災害って残酷なんだろうな

2:面白い名無し:2015/01/18 11:27:33

しかも爪楊枝みたいなクズに限って助かったりする

3:面白くない名無し:2015/01/18 12:51:20

よくわからない。
生き残ったのは彼女の方で亡くなったのが彼氏でおけ?

4:面白い名無し:2015/01/18 13:17:46

うわー…この話聞くだけで苦しいわ
隣で力尽きていく大事な人。泣き叫ぶしかできない無力感ばねぇ…

5:面白い名無し:2015/01/18 22:24:11

こめ3さん、すごいです!

6:面白い名無し:2015/01/19 0:21:38

※3
もっかい読もうぜ。

7:面白い名無し:2015/01/19 15:49:36

※3
どんだけ読解力ないんだW

8:面白い名無し:2015/01/20 18:20:39

※18
災害自体は残酷じゃないんよ

9:面白い名無し:2015/01/20 18:21:03

↑訂正、※18じゃなくて※1

10:面白い名無し:2015/01/20 21:39:45

米5-7さん、
やっと意味がわかりました。最後の三行は「もし、彼女が生きていたら、、」っことですね。
すみません、読解力が無いばっかりに、、、

11:甘党:2015/01/21 23:15:21

阪神に限らず、東北でも
こういう事があったのだろうか

12:面白い名無し:2015/01/22 2:22:40

エコノミー症候群にやられたんかね

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)