高1の時に自主退学に追いやった親友Kの笑顔

カテゴリー: 切ない話
http://omoshiroi-hanashi.com/setsunai/2677.html

高1の時、俺はクラスメートのKを自主退学に追いやった。

男子校で、中高とエスカレーター式に進学する学校だが、高校進学時、外部からも編入する。
Kも俺も中学からこの学校に入学していたが、同じクラスになったのは高1のときが初めて。

Kとは共通の友達を介して何度か軽く雑談をしたことがある程度の距離関係だったので、校内で偶然出くわしたりなんかしても、「おぅ」と声をかけるだけだった。
しかし、絡む機会がほとんどなかったがKが俺に対して好意的だったことはなんとなく察してた。

スポンサードリンク

同じクラスになり、当然Kと絡む機会が急激に増えた。
お互い共通の趣味(格闘技や漫画、バイク、ゲスな下ネタ話)なんかもあったりして、打ち解けるのにそれほど時間はかからなかった。

そんな中、誰言うとなく「Kと俺はホモw 出来てんじゃね?w」 などという噂がチラホラ沸き始めた。
最初はクラス内に、徐々に学年全体に。

休み時間も昼飯も小便を垂らしにいくのも一緒。
ほとんどの行動を共にしてた。たまたま偶然体調不良で学校休んだ日まで同じときた。
ムリもないか…。

ともかく俺は愕然とした。焦った。狼狽した。

この類のレッテルを貼られることは、繊細な青っちょろいガキ、少なくとも俺にとっては死活問題だった。
散々悩み抜いたあげく、俺は保身の道を選んだ。徹底してKを突き放すことにした。
この苦悩は間違いなくKも同じだったろうに…。

Kはその後も俺や周囲に対して変わらない姿勢を貫き通してたが、俺はそんなKを完全にシカトした。
挙げ句の果てには、Kと俺を誹謗中傷してた奴らに同調してKを叩く始末。

10年ほど前のちょうど今頃かな、Kは学校から姿を消した…。

つい最近、偶然、10年ぶりくらいにKを仕事帰りの最終電車で見かけた。
間違いなくK。

先に気づいたのは俺。 チラチラ視線を送る俺に、Kも反応した。
わずか3秒足らずほどだったと思うが、なんとも言えない不思議な表情でお互いを凝視した。

しばらくして、Kが静かに降車した。
電車はゆっくりと動き出す。
去っていくKを窓越しに目で追っていたら、振り返って笑顔でパクパクと俺に何か言った。

何を言ったのかはわからないが、中学時代に不意にすれ違ったときに俺が「おぅ」と話しかけたときに彼が返してくれてた笑顔と何も変わってなかった。

10年を経て、やっと大切な親友を失ったことに気づいた。

みんなの反応

1:おもしろい名無し:2013/10/08 15:19:43

かわいそう……

2:junno:2013/11/13 10:18:25

大事にされていたんだと想うな・・・。

3:おもしろい名無し:2013/11/18 18:28:25

K視点で考えると涙が出る

4:進撃のふなっしー◆Jjkji9Jkw9:2014/02/04 23:37:43

K視点つくってほしい

5:面白い名無し:2014/09/24 19:53:44

※4
つくるようなもんじゃないだろ
本人が書き込まずに想像だけでつくったって何も面白くない

6:面白い名無し:2016/11/23 14:01:03

「愛してる」って言ったんだろうな…

7:面白い名無し:2016/11/23 17:34:58

※6笑

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)