優秀な浪人を登用しなかった武田信玄

カテゴリー: すごい話
http://omoshiroi-hanashi.com/sugoi/10405.html

727:人間七七四年:2009/03/12(木) 01:49:45 ID:0gCb8Q/X

ある日、武田家に仕えたいという浪人がやって来た。
そこで重臣たちが面接すると、かなりの才人であることがわかった。
「こいつは掘り出し物だ。きっと御家の役に立つであろう。」
ということで彼らは信玄にこの浪人のことを話した。

スポンサードリンク

「とても優秀な男です。なんとしても召抱えるべきです。」
「ふ~ん、お前たちは皆同じ意見なのか?
そうか、じゃあ召抱える前にどんな男かこっそり見てみようか。
その男に食事を出してやれ。」

そして信玄は隣の部屋から男の食事している様子をチラッと見ると、
すぐに自分の部屋に戻った。

「どうですか、なかなかよさそうでしょう?」
「あの男は登用しない。」
「は?」
「あれは浪人じゃないな。浪人はあんな食い方はしない。
いいとこの大名の、しかもそれなりに地位のある家臣だろう。」
「なんですとっ!?」

驚いた重臣たちは浪人のところに素っ飛んで行き、締め上げた。

「おい貴様、よくも我らを謀ったな!どこの家中の者だ!」
「ひぃっ、わ、私は○○家の者です~。」

その男は都周辺の大名の家来だった。信玄の推理通りだ。
重臣たちは恐縮しながら信玄のもとに戻ってきた。

「ハッハッハ、だから常々言ってるじゃないか。
全員が百点満点をつけるような人間にろくな奴はいない、ってな。」

みんなの反応

1:パーク:2018/08/18 5:02:26

1

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)