焼き芋屋やホットドッグ屋のフリをして麻薬を売っていた人

カテゴリー: すごい話
http://omoshiroi-hanashi.com/sugoi/9626.html

559:仕様書無しさん:2011/11/04(金) 10:38:19.48

昔日本で焼き芋売るふりして麻薬うってて逮捕された人がいた。
近所の人が「焼き芋やなのに焼き芋がロクにうってなくていつも売り切れなので怪しまれた」らしい。

ちなみにアメリカではホットドッグ屋を隠れ蓑に麻薬を売っていた人がいた。
怪しまれないようにホットドッグもキチンと作っていた。

怪しまれないようにおいしいホットドッグを作るために、産地を厳選したソーセージを入荷し、パンもきちんとしたパン屋と契約を結んだ。

おいしくて評判になり、いつも行列。
大勢の中に麻薬買う人は紛れていたので警察にマークすらされなかった。

しかし、ある時きがついた。
店の利益の8割が副業であるホットドッグだったのだ。

その男は警察に自首して司法取引によりほぼ拘留期間なしに娑婆にでて、ホットドッグ屋として成功している。
警官には割引があるという嘘のような本当の話がある。

みんなの反応

1:面白い名無し:2017/02/23 0:37:38

面白いなこの話

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)