徳川家康の趣味は「へそくり」。物凄い倹約家だった

カテゴリー: すごい話
http://omoshiroi-hanashi.com/sugoi/9646.html

857:人間七七四年:2009/05/23(土) 13:33:59 ID:ObMPUxG9

前田利家「銭があれば世の中怖い物はないんじゃ!」
黒田如水「銭で兵を雇うんじゃ!」
徳川家康「銭があれば何でも出来るんじゃ!」

徳川家康は「ケチ」だと、フロイスにも書かれるほど有名だったが、もちろん趣味だってあった。

スポンサードリンク

なんだか文章があってないと思うかも知れないが、実はその趣味が何と「へそくり」。
しかも鎧櫃(※よろいびつ:鎧を入れておくふた付きの箱)の中にへそくりをため込んでいたのだ。

ある日、どこかの大名家(名誉の為、伏せる)の家臣が使いとしてやってきた。

使者「申し訳ありません。のっぴきならない理由がありまして、つまりその・・・・」
家康「何?」

使者「お金貸してください!」

家康は家臣に言って奥から鎧櫃を持ってこさせ、開けさせた。
使者はこれを見てビックリした。

そりゃそうだ。中にはぎっしりと詰まったお金の山。
それもきちんといつここに入れたものかも書いてあった。つまり「へそくりの記録付き」。

そしてその使者はもう一つ驚いたものを見つけた。
銭に書かれた記録の中には、
家康がまだ三河の小領主時代のものがあったのだ!

恐るべき「へそくり歴」である。
ちなみに、某大名家の使者はちゃんと家康からお金を借りる事が出来たそうである。

863:人間七七四年[age] 投稿日:2009/05/23(土) 14:28:38 ID:ObMPUxG9

徳川家康の「ザ・へそくり術」
さて、>>857の続編とも言うべき、「家康のへそくり」の話。

家康はへそくりが好きだったのだが、どうやってへそくりをしたのかというと・・・・

勘定方「殿。今年度の収入はこのようになりました。お言いつけ通り兵糧用の米と換金の米を分け、銭の収入はこのようになりました。」
家康「決済する!」

そう、コイツも又、前田利家と同じく自分の勘定は自分で決済していたのである。

但し、利家の場合は例の「そろばん」まで用いて、本当に自分で計算までしていたが。

家康「この数字のキリがいいところまでは銭蔵に収めておけ、半端な銭はもってこい。」
勘定方「はっ!いつも通りにいたします。」

家康「それから奥向きで仕事をしている女房衆も呼んできてくれよ。」

こうして、奥から女性陣がやって来る。
そうこうする内に、勘定の結果、「貫」の単位までは銭蔵へ収められ、「匁」以下の端数の銭が持ち込まれた。

家康「これは、ワシの私的に使う銭(お小遣い)じゃ、数えておくれ。」
侍女「は~い。」

こうして私的な銭が数えられた。そして・・・・・

家康「終わったか。では、鎧櫃へ入れよう。」
侍女「は~い。」

こうしてへそくられた。
こうして貯められたへそくりでアッチコッチの大名にお金を貸した。

そして、味方を増やしてしまい、天下人になったのだ。
ちなみにこの鎧櫃、へそくりの重さに耐えかねて伏見城の床をぶち抜いたという。

みんなの反応

1:面白い名無し:2014/09/16 6:57:51

チリも積もれば…か?

2:フランドール:2014/09/16 15:34:47

銭も積もれば床破壊

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)