電車のボックスシートで股を広げてふんぞり返っていた隣のオヤジ

カテゴリー: すっきりする話
http://omoshiroi-hanashi.com/sukkiri/2878.html

電車のボックスシート(2人掛けの席が向かい合っている)で、隣に座ったオヤジが激しくふんぞり返って股を広げきっていたので、私が「狭いんですけど」と言ったら、
オヤジ「しょうがないだろう!これ以上どうやってよけるんだ?」
わたし「どうやっても何も、他の人はきちんと座れてるじゃないですか」
オヤジ「女の癖にうるさい!」

スポンサードリンク

わたし「女の癖にって、あなただって女から産まれてきたんじゃないんですか?」
オヤジ「屁理屈を言うな!大体、それが目上の者に対する態度か!」
わたし「目上と年上は違うと思うんですけど。バカでも死にさえしなけりゃ年はとれますから」
オヤジ「目上も年上も同じだ!年上の言うことは黙って聞け!」

その時、向かい側に座ってた初老の男性が、
「じゃあ俺の言うことなら黙って聞くんだな?」
と一言。

オヤジは返す言葉がなかったらしく、席を立って次の駅で降りてしまいました。

みんなの反応

1:面白い名無し:2013/12/09 1:36:05

いい話?!

2:プータロー:2014/05/06 13:06:21

初老のおじさんかっけー

3:せっけん:2015/02/18 22:27:40

初老爺「付き合ってくれ」

4:面白い名無し:2015/08/06 14:59:55

オヤジ『はい、あなたになら、私の全てを捧げます』

5:面白い名無し:2017/10/09 23:35:25

これはフィクションだね。

現実には
「うるせぇクソジジイ黙ってろ」
が関の山。

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)