その考え方は好きよ~先生と男の子~

カテゴリー: うまい話
http://omoshiroi-hanashi.com/umai/1062.html

若い女の先生が生徒に算数の問題を教えている。
「電線に3羽鳥がとまっていました。そこへ猟師がやってきて鳥を1羽撃ってしまいました。さて、電線には何羽の鳥が残っているでしょう?」

男の子がしばらく考えて言った。
「いない」

スポンサードリンク

「ねえ、どうして?もう一度やってみましょう」
彼女は辛抱強く、今度は手の指を使いながら話を進める。

「3羽の鳥がいます(指を3本立てる)。そこへ猟師が来て1羽撃ってしまいました(指を1本曲げる)。さて、電線には何羽残っているでしょう?」
その男の子は「いない。だって猟師が1羽撃てば他の鳥は逃げちゃうよ」と答えた。

その答えを聞いて先生は言った。
「算数の答えとしては間違ってるけど、その考え方は好きよ」

「今度は僕の方から問題を出していい? 」
男の子が無邪気な調子で言った。

「3人の女の人がベンチに座ってアイスキャンディーを食べています。1人は舐めています。1人は噛んでいます。残りの1人はしゃぶっています。さて、どの女の人が結婚しているでしょうか?」

先生はあどけない顔をした男の子を見て、返答に苦しむ。
男の子が辛抱できずにせかせた。
「1人は舐めてる、1人は噛んでる、1人はしゃぶってる、さあ誰?」

彼女は喉をごくりとさせて、聞こえるかどうかの声で囁いた。
「あのぉ、しゃぶってる人」

男の子は驚いたふうに言った。
「間違い。正解は結婚指輪をしてる人。でも僕は先生の考え方、好きだよ」

みんなの反応

1:面白い名無し:2013/11/30 15:54:26

なんだこれwwwwwww

2:面白い名無し:2013/12/10 15:40:13

吹いたぞww
少年は策士なのか!?( ; ゜Д゜)

3:面白い名無し:2015/02/13 20:09:20

結婚指輪の事なんか何も言ってねえじゃん。
問題として成立してない。

4:スタビライザー:2015/04/08 20:57:27

先生の答え、( ゚д゚)

5:面白い名無し:2015/04/09 0:13:28

※3
理不尽理不尽ワーワー喚くタイプのクソガキだな。
注目するのはそこじゃなくて、出された問題の場面だけを想像するのではなく一般常識が考えられるかどうかです。
意地悪問題とか通じなさそうだな。あれ言ってねぇじゃんこれ言ってねぇじゃん、は?意味わかねーし!!なんで?なんで?っていって与えられた課題しかできない頭が硬いタイプだな。そんなあなたには日々常に同じ仕事を繰り返す製造業がオススメだと思います。
もちろん、わかっています。製造業全てが毎日同じ作業の繰り返しではないことは。だからあえていいます。あなたに向いている製造業の仕事は刑務所でやるようなマニュアルどおりの製造業のことです。笑

6:面白い名無し:2015/04/11 17:28:16

クソワロタ

7:面白いななし:2015/05/04 19:44:25

>>5そこまで長文で批判する貴方こそクソガキだろ
なんだ「製造業をオススメする」ってバカか

8:面白い名無し:2015/10/22 20:16:11

※5にすごいワロタw

9:面白い名無し:2016/02/28 18:36:10

問題の答えを読者に求めてるわけじゃなくて「・・・という意地悪な問題でした。」ってだけのことであって、真面目に答えを考えちゃって後出しジャンケンに怒るほうも、なんか知らないけど突然職業斡旋しちゃうほうも、そんなに変わらない気がするよ。

10:面白い名無し:2016/07/12 15:12:56

これは面白かった5の勝ちやな

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)