南米の秘境中の秘境にいる「大地と語る老人」

カテゴリー: うまい話
http://omoshiroi-hanashi.com/umai/11159.html

16:名無しさん@恐縮です:2009/11/30(月) 12:09:49 ID:2ZcYi4KK0

取材班が南米の奥地,秘境中の秘境とされる地をジープで通りかかると,寝そべって地面に耳をつけている老人の姿があった。
「あれが,今回取材にきた『大地と語る老人』に違いありません」
「ちょうどいい。すぐ撮影準備だ」

スポンサードリンク

さっそく取材班は,カメラを組み立てるや,老人にマイクを向けた。
「ご老人、何か聞こえるのでしょうか?」

やせこけた老人は,目ヤニの奥に黒く鋭く輝く瞳で彼等を見つめると,こう答えた。
「車じゃ。青い車に男がひとり,女が二人。アメリカ人じゃろう。西へ向かっておる。ナンバーは・・・」

取材班はざわめいた。
「信じられない!地面の音でそれだけ分かるなんて」
「神秘だ!これぞ,文明と共に失われてしまった人間の神秘の力なのでしょうか」

老人は続けた。
「・・・が,わしを引いていきよった。早く警察と救急車を呼んでくれ」

みんなの反応

1:面白い名無し:2014/12/13 15:11:48

どのあたりがうまい話なんだ?

2:面白い名無し:2014/12/13 15:29:37

叙述トリックを使ったジョークだからじゃなかろうか

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)