ソ連書記長「アメリカのSPは大統領の為に命までは賭けないでしょう」

カテゴリー: うまい話
http://omoshiroi-hanashi.com/umai/12382.html

790:水先案名無い人:2009/07/09(木) 00:49:32 ID:mma31acR0

冷戦のさなか、ついにアメリカ大統領とソビエト社会党書記長の首脳会談が実現した。
日程中の昼食会で米大統領とソ連書記長が自らのSP自慢を始めた一コマ。

ソビエト書記長「いくらアメリカ大統領が偉く人望があっても、命まで賭けるSPはいないだろう」
アメリカ大統領「そんな事はない!我々のSPはアメリカの為なら命まで捨てる使命感を持っている!」

スポンサードリンク

ソビエト書記長「じゃあそこのSP君はいますぐこの崖から飛び降りることが出来るかね?」
大統領SP「そ…それは出来ません。私には大切な妻と子供がいますので…」

ソビエト書記長「それ見たことか!我がソビエトの誇る優秀なSPならこの通り」
 (と、言い終わるが速いか、書記長のそばで話を聞いていたSPは即座に崖から飛び降りた。しかし奇跡的に命は取り留めた)

アメリカ大統領「何故キミはそこまで自分の命を省みない行動が出来るんだね?」
書記長SP「私には大切な妻と子供がいますので…」

みんなの反応

1:面白い名無し:2015/03/21 6:27:37

万が一、飛び降りることが出来なかったら家族が…か…(´;ω;`)

2:面白い名無し:2015/03/21 6:37:22

※1
なるほど

3:面白い名無し:2015/03/21 13:33:59

これぞまさにオソロシアw
てかジョークだけどジョークじゃないなこれ
ソ連はマジでこういうことしてたからなw

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)