大恐慌の時代に大富豪となった老人の「成功物語」

カテゴリー: うまい話
http://omoshiroi-hanashi.com/umai/1279.html

記者は、ようやく世界的大富豪のインタビューに成功した。
記者が大富豪の豪邸を訪ねると、大富豪はかなりの老齢であり、美食のせいか太っていたが、肌の色つやが良く、とても本人がいう年齢には見えなかった。

「どうやって,これだけの成功をおさめたのでしょうか?」
「わしは,スラムでも一番の貧乏な家庭に生まれ、15歳の時に天涯孤独の身となり、無一文で世間の荒波に追い出されたのじゃ」

富豪の老人はため息をついた。

スポンサードリンク

「まったく苦しい時代じゃった・・・」
「さぞ、ご苦労をされたのでしょうね」
「大変な苦労じゃったよ。そして、たゆまぬ努力だった」
「是非、小誌の読者にもその成功の物語というものを教えていただけませんか」
「いいとも」

老人は昔を思い出すように目を閉じた・・・

「それは、大恐慌の時代じゃった。
 父母が死んで、まだ幼いわしが住んでいたアパートを追い出された日。わしのポケットには,もう5セント硬貨が一つしか残っていなかったのじゃ
 わしは、腹が減って腹が減って、5セントで汚いリンゴをひとつ買ったのじゃ。
 さて、かぶりつこうとして、袖でリンゴの汚れを拭いたら・・・実に綺麗でうまそうなリンゴになった。
 わしは、そのリンゴを食べないで10セントで売ったんじゃ。
 そして、その10セントでまた汚いリンゴを2個買って──
 もう、分かるじゃろう?わしは,その時,商売というものを理解したのじゃよ」
「感動的なお話しです!」
雑誌記者は叫んだ。

「やはり、努力と工夫が今の成功を生み出したのですね」
「うむ。こうして1週間後には、リンゴを売った金は、なんと23ドル50セントにもなったんじゃよ」

老人は続けた。
「そして,その次の日・・・
 大叔父が死んで,5000万ドルの遺産を相続したんじゃよ」

みんなの反応

1:jさん:2013/09/23 20:27:33

結局かい!

2:おもしろい名無し:2013/10/11 21:17:37

台無しじゃねぇかww

3:\ねむねむ:2014/10/07 10:04:24

商売かんけいない!

4:面白い名無し:2015/02/07 20:43:18

いいオチだw

5:面白い名無し:2017/08/28 15:36:53

その遺産でりんごを買って倍の値段で売ったんだな
さすがじぃちゃん

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)