ゴージャスなブロンドを連れた男

カテゴリー: うまい話
http://omoshiroi-hanashi.com/umai/1316.html

男がゴージャスなブロンドを連れて宝石店を訪れた。
男はダイヤを指さして言った。

「これはいくらだい?」
「お客様、そちらは3万ドルでございます」
「そうか。ではこれをもらおう。支払いは小切手でもいいかな?」

スポンサードリンク

「ええ、もちろん。ですが、その、本日は土曜日でございますので…」
「わかってるよ。品物は月曜日に決済が済んでからでいい」
「左様で御座いますか。ありがとうございました」

そして月曜日に男が再び宝石店を訪れると、店員が手のひらを返したような態度で言った。
「このペテン師め!口座には1セントも入ってなかったぞ!今さら何しに来たんだ!」

すると男はニヤリと笑って言った。

「最高の週末を過ごせたお礼を言いにさ」

みんなの反応

1:おもしろい名無し:2013/09/01 12:23:52

どーゆーこと?

2:おもしろい名無し:2013/09/10 13:56:12

女の前でかこつけたかっただけ?だと思う

3:おもしろい名無し:2013/10/23 18:15:52

宝石を買ってやるって言えば色々してくれるだろ

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)