村を襲ってきたラオウに頓知で挑んだ一休さん

カテゴリー: 笑える話
http://omoshiroi-hanashi.com/waraeru/10973.html

796:愛蔵版名無しさん:2006/02/23(木) 16:40:15 ID:???

一休「私のとんちは生きるための武器なのです」
ラオウ「武器だと?ならばうぬのとんちでこの拳王を止めてみせよ!!」

一休「わかりました。私が拳王様の考えてることを当てたら、この村を素通りしてくれますか?」
ラオウ「よかろう」

ポク・ポク・ポク・ポク・・・チ―――ン

スポンサードリンク

一休「分かりました!」
ラオウ「ほう、言ってみよ」

一休「拳王様はこの村を襲う気ですね」
ラオウ「ん?」

一休「もしそうならば、当たりですので素通りしてください。違うならば、村を襲う気はないのでやっぱり素通りしてください」

ラオウ「小賢しい小坊主め!この拳王に屁理屈は通用せんわ~!!ぬぅぅぅぅん!!!」
一休「もぺぇ~」

みんなの反応

1:面白い名無し:2014/12/02 0:23:49

ラオウェー(´Д`;)

2:面白い名無し:2014/12/02 2:45:06

もぺぇ~ワロタ

3:ボン:2014/12/02 11:13:33

一休 残像だ

4:面白い名無し:2016/04/08 20:53:37

この後、新右衛門さんに斬られるラオゥー
「またつまらぬモノを斬ってしまった…」

5:面白い名無し:2018/04/27 9:38:12

この後、五右衛門に斬られるラオゥー
「またつまらぬモノを斬ってしまった…」

6:面白い名無し:2018/04/27 9:40:12

ルパン
『五右衛門!ジゲン!
グーズグズしてねえで
逃げっぞー!』

7:面白い名無し:2018/04/28 8:43:00

市原悦子
「めでたし、めでたし」

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント