病院の心霊体験談

カテゴリー: 笑える話
http://omoshiroi-hanashi.com/waraeru/593.html

祖父が死んだ時の話。
今まですげぇ可愛がってくれてた祖父が、半年ほど入院して死んだ。90を超えた大往生。
深夜に病院に呼び出されて行ったら、もう結構ヤバイ状態。
お世話になりましたってのが祖父の最期の言葉で、それを聞いた瞬間に色々抑えてた物が壊れ、俺はボロボロ涙を流した。

スポンサードリンク

その時は「泣くのはかっこ悪い」と突っ張ってた時期で、俺はトイレの個室に入った。
電気を点けたり個室のドアを閉めるって気力も無く、薄暗い中、ただただしゃがんで泣いていた。
どんだけ涙を流したことか。
その時にトイレの電気が点いて、誰かが入ってきた。

鼻をすする音にその人は気付き、
「だ・・誰かおるん?」
って個室の俺に声を掛けてきた。
「はい。います。」
って言うつもりが、ガラガラ声で変な低音を醸し出し、

「あ〝い〝え〝ぇ~」

みたいな変な声を出してしまった。
その瞬間、その人は「ぎゃーっ」て叫びながらどっかへ走って行った。

それ以来、病院関係の心霊体験談は話半分に聞いている。

みんなの反応

1:面白い名無し:2016/06/10 21:52:36

いや、人の生き死にに関する話題を、笑える話カテゴリーにするなよ
オチにしたって微妙だし

2:面白い名無し:2016/06/10 22:00:03

90歳も生きて大往生なのでそこまで不謹慎じゃないやろ

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)