笑ってはいけない葬式の場で体験したこと

カテゴリー: 笑える話
http://omoshiroi-hanashi.com/waraeru/9558.html

12:本当にあった怖い名無し:2006/04/22(土) 00:07:08 ID:V8992oZ+O

不謹慎だけど、葬式でお坊さんが、木魚叩いてる最中に蚊が三匹ほど、お坊さんの頭のてっぺん位に止まってた姿に爆笑寸前だった

しかも、お焼香の時近ずいたら、頭のてっぺんに3つの腫れ上がりがあって笑いを耐えるのに必死だった

スポンサードリンク

22:本当にあった怖い名無し:2006/04/22(土) 02:43:22 ID:NhEJnnZV0

じいちゃんの葬式に来たクソ坊主、70過ぎのヨボヨボ。
式が始まる前、一目見た瞬間衝撃が走る。ヤバイ、オレヤバイ。
お経の間耐え切れる自信が全く無い。

間違いなく吹き出してしまう自信に満ち溢れている。
何だ、何だそれはっ お前は坊主だろっっ!

何だその頭に張り付いたワカメのようなズラはっっっ!!!

読経が始まり、唇を思い切り噛み締め耐えるオレ。
しかし間の空いたナ~ム~ア~ミ~の瞬間、隣に座るカミさん、オレの腿を思い切りつねる。

見ると必死に笑いを堪えるカミさん。
カミさんの隣に座る母ちゃんに至っては既に吹き出してしまっている。それ見た瞬間、オレ大爆笑。

しっシマッタ!ヤッチマッタ!時既に遅し。んがっ奇跡は起きた。
場内中、爆笑の嵐。みんな同じ気持ちだったんだね。
最後に坊主、こんな不謹慎な式は初めてだとほざきやがった。

不謹慎なのはお前の頭だっっっっっっっっ

26:本当にあった怖い名無し:2006/04/23(日) 00:47:29 ID:vGey6MND0

俺もあった。
坊さんの読経がどうしてもおかしくて、笑いこらえるのに必死でプルプル震えて・・・。

そのうち焼香が始まると、厨房のとき聞いたコントかなんかの「キャッチ、レディ、ファイアー」っての思い出して軽く吹き出しちゃって・・・。

さらに追い討ちかけるように、坊さんが最後の挨拶で「この人は~まぁ、これが寿命です」とか、そんな話し始めて、もう爆笑寸前だった。

そのあと参列した友達らと「あの説法は反則だよなぁ」って話し合った

40:本当にあった怖い名無し:2006/04/25(火) 13:37:49 ID:hSTxTCNsO

いきなり坊主が「足つったー!」とか叫んでもがき出した時は無理だった。
「ふうおーふうおー」とか言ってやんの。
腹がよじれるかと思った。
でも周りの奴は誰も笑ってなかった。
恥ずかしかった。

103:本当にあった怖い名無し:2006/04/28(金) 09:06:19 ID:KNbUvcD70

うちは納骨の時だけど、墓の前で読経してる坊さんの
頭巾の尖ったとこに、赤トンボがとまってんの。
時折離れて、空中でくるりと回転してはまだ戻って来る、の繰り返し。

皆必死で笑いを堪えてた。
やがてどこかへ行ってくれてホッとしたのも束の間、
今度はカノジョを連れて来たのかなんか知らんが、2匹になって戻って来て仲良くトンガリ部分にとまった。

参列者一同、ついに耐えられなくなってプッ…クスクス…ククク…と笑いが漏れた。
読経を終えた坊さんは、何故笑われてるのかわからなかったと思うが
ニコニコしながら立ち去って行った。
頭巾のてっぺんで楽しげに戯れる2匹の赤トンボと共に。

185:本当にあった怖い名無し:2006/05/02(火) 08:31:01 ID:k7OCw2AS0

子供の頃さ、可愛がってくれた爺ちゃんが死んだのさ。
つぅてもなにぶん、ガキンチョだったから、
死というものがいまいち、良くわかんねーまま葬式に参列。

低音で歌うような読経にどうしても眠くなって、コックリする度に
お袋に小突かれて、辛うじて起きてたんだけどそんときに見た幻影。

爺ちゃんが立ち上がって、読経のゆったりしたリズムに合わせて
手をゆ~らゆらと泳がせて踊ってんの。w
よく、TVなんかでコミカルな曲がかかるとそうやってふざけて、俺を笑わせてくれたもんだ。

思い切り爆笑した俺は、お袋のきっつい脳天パンチを食らって外に蹴り出された。
ひでーよな。今だったら誘拐されても文句は言えないぞ。

阿呆な話だが、大好きな爺ちゃんが居なくなった事に気付いて
寂しくて涙が出て来たのは、それから数日を経てからだ。

195:本当にあった怖い名無し:2006/05/05(金) 03:30:37 ID:Ntxf75SnO

読経が終わり、飯食ってたときに
いきなり坊さんが

「今日ハァ、アチュカタデショ?」

197:本当にあった怖い名無し:2006/05/05(金) 03:59:59 ID:OAYL1CMo0

>>195
坊主何人だよwwwwwww

435:本当にあった怖い名無し:2006/06/12(月) 12:20:45 ID:+3cL1Vb40

ある日お葬式に行った時のこと、焼香の時になって順番を待ってたら
前に4歳くらいの男の子と母親と思われる人がおりました。
男の子は何をするのか判らないのか、キョロキョロと辺り見ておりました。

母親に促され見よう見まねで可愛い手を合わせて・・・・・・「○○の変身セットが欲しいです!!」←(大きく元気よくw)
お願いしてどーするょw

112:本当にあった怖い名無し:2006/04/28(金) 12:44:54 ID:GApMlCjB0

坊さんの付き人(?)みたいな若い人が、読経の準備を終えたあと、
暇だったのか、木魚を叩くヤツの叩く方を握って、タタミの上で
車のギア操作らしき動作してたときは普通に吹いた。

みんなの反応

1:タルト◆yATEJXRnLA:2014/09/11 18:11:36

笑ってはいけない場面では必ずと言っていいほどアクシデントが起こるから困る
何年前だったか、誰の葬式だったのかは覚えてないけど、お坊さんが読経してる時に左隣の友人が小声で「遺影がイェェェェェイ」って言った時はちょっとだけ声が出た
その人の子供らしき人が右隣に居たので泣いてるフリで誤魔化したのだが、そこからの数十分は地獄だった

2:面白い名無し:2014/09/12 4:15:18

小さい時(自分と)仲が良かったわけでもない親戚の葬式ほど、何やってんだか分からないものは無いよな

だから、眠くなったからって起こさないで欲しい。自分は知らないんだから。「葬式」って単語すらも

コメントフォーム

要望があったのでコメント欄にトリップ機能をつけてみました。詳細はこちら

お名前
コメント

おすすめ記事(外部サイト)